06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スカンポリ(残りきれ、裁ちくず)

2014.04.09 (Wed)

時間があるとついつい、行ってしまうお店がありまして・・

1)リサイクルショップ(アンティークものを主に置いてある店)3店
2)スカンポリがある生地屋 2店

古い家に引越しをしたこともあり、
必要に迫られて、この2種の店にはよくいくのですが。。

先週、気に入った古いシンプルな本棚を予約、
棚いっぱいにするだけの本は持っていないので
収納に使うことにしました
で、カーテン、カーテン!!

スカンポリ(裁ちくず)の山から探しました

高級室内装飾のハンパ布なので、品質はとてもいいものです
長さと幅が必要に合えば、最高、
この生地山(室内装飾用生地)は1mが7€コーナー
通常、お店で買うと1mで50€位はする織りのしっかりした生地です!
このストライプグレー生地は、148cm幅で3.80mありました、25€で購入
今度出来上がった様子をまたお知らせします

で、次
フランスのトワルドジュイ柄です!
これは、どれでも15ユーロという山の中にありました
で、びっくりするのは、、大きさ!
幅2.90mX長さ3.50m
その15ユーロの生地山は、ソファーのカバーだとか、ダブルベット用のシーツに
使える生地コーナーですので、幅が通常の2倍です
トワルドジュイは大きなテーブルのテーブルクロス2枚分取ることにしました
1枚が7.50€につきますからすごくお得です
20140409003.jpg

これは、2ヶ月ほど前に同じ店で1m7€コーナーで買った生地
20140409005.jpg

安楽いすのクッションにしました
ばねが落ちてしまった安楽椅子は比較的手ごろな値段で買うことができます
この椅子もそうでした
で、張替えのお店、2店に相談に行きましたら・・・
張替え、ばね替えで200~250€ですって。。。
椅子よりも、修理の値段が高くついてしまうので、、
1m7€の生地を買って
自分でボリュームを出したというわけです
最近は、ひとつの安楽椅子の生地色を統一しない、
古風でない、にぎやかな安楽椅子もあったりしますから!
20140409009.jpg


今回ご紹介したメイドインイタリーでしかも値段が格安!!
スカンポリの生地屋は
MORENO
15, Via Margaritone - 52100 Arezzo (AR)

アレッツォ駅から歩いて5分

リサイクルの骨董屋もこの手の生地屋も、運と出会い!
行っても全く気に入ったものに会えないことも!
だから「今日は会えるかしら?」と通ってしまうのです
08:21  |  家を装飾  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

思い出宝帳 ゲスト編

2014.03.29 (Sat)

思い出宝帳 第二段 ゲスト帳です!

シックなイメージで!
ドラゴンをあしらったフィレンツェらしい紙を使って
仕上げてみました~


製本生地は、コットンと麻
長いこと使って、汚れてこなれていく感じが楽しみ
20140328010.jpg

中身はこんな感じ
20140328012.jpg

お家にお客様をお招きした時の記憶は、
書かないとどんどん遠くなって忘れてしまいます(私だけ?)
どんな料理を作ったかしら?ワインはなんだったかしら?
誰が一緒だった?どれを気に入ってくれた?誰が何を食べられなかったか
とか。。

2回目に(1回目と)同じ料理を作らないためにも、
書いておくことは大事かも。。
私の場合、失敗しない勝負料理レパートリーは、たくさん無かったりしますから。。
メニューが重なる危険性は無きにしも非ず・・

このゲスト帳は、一回の食事会を4ページでまとめる仕組み
1ページ目:ご招待日、お招きタイトルと参加者名簿、メモ
2ページ目:テーブル配置図(どんな風に座ったか)テーブルデコレーション
3ページ目:料理のメニュー、ワイン銘柄、メモ
4ページ目:会話、遊び、おもてなしの内容


という具合

最近は日本でもホームパーティ開催の話をしばしば聞きます
そんなパーティの記憶として、役立つこと間違いなしかも
01:15  |  思い出宝帳  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

思い出宝帳 レシピ編

2014.03.28 (Fri)

構想1年、やっと完成しました”レシピ帳”

最初にイタリア人マンマから料理を教えてもらったのは10年以上前の話
忘れないようにと、ノートに書き込み、整理がつかないまま。。。

どうにかレシピを整理したいと思っていたら・・・
このようなカルトナージュ用のレシピノートに出会いました
20140326008.jpg

なんとか、業者さんからノート入手成功!

このレシピ帳は、10のカテゴリーに分けることができ、
余計な文字が入っていないので、好きなように使えます

製本用の各種材料やパーツ、紙も買い込んで、完成しました!

レシピの思い出は、味はもちろん、
いつ、どんなとき、誰から習ったかも
覚えているもの


そんな思い出を詰める
一生使いたいレシピ帳ですから
丈夫でなくては!!

重厚感のあるレシピ帳に仕上がりました


今回完成のレシピ帳の紙は
IL PAPIRO購入の
1色毎、3度に分けて3色手刷りの高級紙
背表紙はコットンに撥水加工がしてある製本用生地を使用

20140326009.jpg

*********************

オーダーメードの思い出宝帳、イタリアから販売開始します!
明日は、別のタイプの思い出宝帳、ご紹介します
09:48  |  思い出宝帳  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食器棚にはピッツォ

2014.03.18 (Tue)

私事ですが、先月アレッツォの郊外に引越ししました。
古い家ゆえ、家具も古いもので揃えているところ・・・

引っ越して一番最初に買ったちょいとお気に入りの食器棚がこれ!


20140318005.jpg

食器棚に飾るピッツォ(レース)はイタリアでは伝統的な装飾
ごっつい感じの食器棚も、かわいらしくなります~
先日、ヴィンテージのボタンを買ったショップで、こんなに素敵な
ヴィンテージレースがあり、しかも格安でした!
20140318006.jpg

さて、どんな風に飾るのでしょうか?
ガラスの部分からレースが見えるように棚の部分にレースをくっつけますが
ボンドではなく、画鋲でやりますよ~!
ちょうど隠れる部分に画鋲を刺します
古い家具には画鋲のあとがたくさん、前に使っていた人も
画鋲でピッツォを飾っていた証拠です
20140318007.jpg

こんな感じで・・・
20140318010.jpg

ピッツォ(レース)が入るとイメージが変わります
20140318009.jpg

インテリアにこだわるラファエラマンマいわく、
食器棚用のピッツォ(レース)は、
しっかりと存在感のある幅のあるものがいいそうです
19:38  |  家を装飾  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
PREV  | HOME |