01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

コルトーナ&アンギアーリへ日帰りで、でかける

2011.06.30 (Thu)

アレッツォは、鉄道利用の際、フィレンツェとローマの間に位置します
フィレンツェまでは、普通列車で1時間弱
ローマへは、ICで2時間半位

アレッツォの近くには、他にも、日帰りで小旅行ができるような
街があります

★モデルプラン(2011年夏季バス時間、9月の学校が始まる前まで有効)

●コルトーナ (cortona 行 青いバス)
 
 平日(月~土)のみ
 行)グイドモナコ広場発9:15 コルトーナ着 10:25
 帰)コルトーナ発 13:05、13:50、14:35
    (所要時間1:05でアレッツォ駅に着きます)

 ※始発乗車、終点下車ですのでイタリア一人旅初心者の方にも簡単
 ※日曜日は、バスがありません。

 コルトーナは、エトルリア人によって建設された街、城壁が今でも残っています
 教区美術館にあるフラ・アンジェリコの<受胎告知>が有名
 ヤネッリ通りは、イタリアで残存する最も古い中世の家屋がある通り。
 2003年の映画「トスカーナの休日」の舞台としても知られる町
 

●アンギアーリ (città di castello 行 青いバス)

平日(月~土)
行)アレッツォ駅オートステーション発 8:50 アンギアーリ着 9:38 
帰)アンギアーリ発 11:20(AR着12:10)、12:55(AR着 13:40)
             14:37(AR着15:20)

日、祝 
行) アレッツォ駅オートステーション発 9:00 アンギアーリ着 9:52 
帰) アンギアーリ発 11:29(AR着12:20) 15:54(AR着16:45)

アンギアーリは城壁に囲まれた中世の街
1440年のフィレンツェとミラノの間のアンギアーリの戦いはレオナルドダヴィンチによって
フィレンツェのヴェッキオ宮のフレスコ画の題材になる予定であったが実現しなかった
一時は伝統的なタバコ栽培が盛んであったが、今は非常に少ない。
フィレンツェ出身の監督兼俳優ピエラッチョーニの映画の舞台にもなりました
高級リネン屋のブーザッティ本店があります


中世の町 アンギアーリ
20091108P1060957.jpg
15:51  |  アレッツォ日帰り旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

はい!是非!気軽に公共の交通機関でいけるので!
utako |  2011.07.01(金) 15:14 | URL |  【編集】

次回は

この2ヶ所にゆっくり行きたいです。
けいこちゃん |  2011.07.01(金) 02:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/990-2bcfc8b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |