05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

キアナ牛解体

2011.02.25 (Fri)

300年農家では肉牛用として、キアナ牛、マレンマ牛などを飼育しています
昨日、農家で牛解体が行われました

牛解体は業者が行う必要があり、
肉屋さんが出張でやって来ます。

解体のマエストラのマッシモです
0225RIMG0040.jpg

続きはこちら↓
(食肉の画像が出てきます、抵抗のある方は開かないでくださいね!)

More・・・

今回解体したのは、キアナ子牛、450kg
20日間休ませることで、お肉は柔らかくなっていました。
(休ませる期間は、季節や大きさで変わってきます)
0225RIMG0029.jpg

足を軽く持ち上げるシモーネ
0225RIMG0027.jpg

(包丁を頻繁に研ぎ)よく切れる包丁で、ススッと部位別に箱分けしていきます
手際がよい!骨をはずすのは、まさに芸術技!
0225RIMG0037.jpg

マエストラが、新人に解体の仕方を伝授、
新人さんはシエナの肉屋さんでの就職が決まっています
「そんな手の運び方じゃ、救急病院行きだぞ!」
と渇を入れられていました
0225RIMG0041.jpg

農家の息子の高校生ジャンルーカ、彼は豚解体も牛の解体も興味があり
すすんで手伝います。
この写真は、ステーキを切っています。
0225RIMG0044.jpg

それぞれ部位ごとに、これらの箱に入れていき・・・
0225RIMG0046.jpg

直売します
今回解体されたキアナの牛肉は、既に全て完売済み!
農家では、10キロパック、5kgパックと言う具合に販売
パックの中には、ステーキ、煮込み(スペッツァティーノ)用、ひき肉、
赤身、ロース、オッソブーコ、煮出汁用など、いろいろ入ります
自然のものしか食べていない牛、安心キアナ牛ですから
味も最高です!
19:15  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/945-cf042413

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |