05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アレッツォ駅から徒歩5分のB&B

2011.02.01 (Tue)

アレッツォ駅から駅裏方面の住宅街へ徒歩5分
昨年9月に開業したばかりの清潔感のある、かわいいB&Bがあります

★玄関から入ると・・

こちらのB&Bは、アパートメントの一部分で、日本でいうところの3階
エレベーターはなく、階段のみになります
入り口を入ると・・・こんな感じ 
入り口  

左に小さなサロン兼レセプション 右にはキッチンがあります
レセプション、キッチン共、ベランダがあり、
テーブルと椅子が用意され、洗濯も干せるようになっています
レセプション  朝食2

★朝食は・・・ 

コーヒー、ミルク、ジュース、コーンフレーク、バター、ジャム
トースト、クロワッサンが用意されます
B&Bには、マッダレーナさんという住み込みでお世話してくれる方が居ます
ので、朝食は彼女が下記の写真のようにセットしてくれます
朝食1

★部屋は全部で3つあります

①ブルー(ダブルベットのみ、専用のバスルーム) 
②オレンジ(シングル1台か2台、ローズと共同で使うバスルーム) 
③ローズ(ダブルベットのみ、オレンジと共同で使うバスルーム)

お部屋の様子
①ブルー
ブルー1  ブルー2

ブルー3  バスブルー専用2

②オレンジ
オレンジ2  オレンジ1

③ローズ
ローズ1  ローズ2

②と③の共同バスルーム
バス共同1  バス共同2

★チェックインとチェックアウト

基本的なチェックインは13:00から(前泊のお客さんが居なければ融通もききます)
チェックアウトは11:00
マッダレーナさんが在住していますので、連絡をすれば、
荷物だけをB&B内に先に入れておくことも可能です

★暖房

暖房はB&B側の調節で、常に20度を保つようにするとのこと
寒い冬には、嬉しい話です

★B&Bの場所は・・・

アレッツォ駅に近く、騒音は殆ど無い場所。
スーパー、チェントロ、レストラン、持ち帰りピザ、
バール、薬局、ガストロノミア、銀行、
全てが徒歩圏に揃っています

★キッチン

自炊できる環境です
ガスを使っての調理には、別料金で光熱費が掛かります
スーパーで、できたものを買ってきて、キッチン内で調理せずに召し上がられる場合
と冷蔵庫の使用に関しては無料となっています

★アメニティ

バスタオル3枚、ボディー用シャンプー、ドライヤー(無料貸し出し)があります

★在住でお世話をしてくれるマッダレーナさんって?

37歳のポーランド人
クラッシックダンスの先生をしています
日本(大阪)にも一ヶ月ほど、公演で滞在したことがある親日家です。
イタリア語、英語、ドイツ語を主に話します
(日本語も少しだけ。。。とのことです)
レストランで2年ほど働いていたこともあり、簡単な料理だったら
用意もしてくれるそうです
一緒に夕食をお付き合いしてくれる人がいることは、一人旅には、嬉しい話
マッダレーナさんは、きれいで、優しい感じの方です
12:41  |  リズモンド通りのB&B  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

MIHOさん

B&Bは、家庭的な雰囲気がよいですよね!
旅行でも、生活しているような感じで過ごせるのが嬉しいと思います。
utako |  2011.02.08(火) 11:04 | URL |  【編集】

B&B

ここのB&Bと~ってもステキですね☆彡
何年か前は旅行でホテルに泊まっていたのですが、B&Bがすっかり気にいってからというものホテルには泊まらなくなりました、特に一人旅だとお宅の人と会話ができたりするのも魅力だったり。。。
駅から近いのもいいですね(*^_^*)
長期滞在できない旅行者にとっては嬉しい限りですね
MIHO |  2011.02.08(火) 01:41 | URL |  【編集】

けいこちゃん

そうそう、疲れたら宿に帰って休めるし、トイレの面でも帰れるのは嬉しい話ですね!
utako |  2011.02.02(水) 09:50 | URL |  【編集】

ゆみさん

コメントありがとうございます!
踊れトスカーナ(il ciclone)は、私まだ見ていないんですよ。これを機に借りてみてみようと思います。
ピエラッチョーニ(pieraccioni)の映画は楽しくてほのぼのとしていて私も好きです!しかも聞きなれたトスカーナ方言がバンバン出るので親しみももてます。また~~!
utako |  2011.02.02(水) 09:48 | URL |  【編集】

ここは

次回またお願いねv-238

日中は街中の方が何回も宿に戻れるのでとてもいいのよね。
けいこちゃん |  2011.02.02(水) 07:44 | URL |  【編集】

その節は…

こんばんわ☆またコメント失礼します。

2007年にお世話になりましたが、
その節は帰宅が遅くなった日があり本当にご迷惑おかけしました。
ここは私が泊まったB&Bよりも駅近ですね。
オルチャに近いところに一泊でいいから宿泊してみたいです。

先日、映画「踊れ!トスカーナ」を見ました。
stinaという町が舞台のようですね。
あの主人公の家はすてきな場所にありますね!!
行ってみたい…。ひまわり畑と、緑の海原…あぁステキ!
ある旧市街が写るシーンで、
アレッツォの旧市街の坂登り初めのメインストリートのような(通りの名前忘れてしまいました)見たことある風景!と思いましたが、違ったようです。アレッツォ県にある町なんですね。
なかなか再訪できず悔しいのですが、踊れトスカーナのおかげで更に行きたくなってしまいました。 
まとまらない長文ですみません。 
ゆみ |  2011.02.01(火) 18:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/928-8a2128f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |