09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

オリーブオイル搾油 昔の様子

2010.11.24 (Wed)

昔のオイル搾油と保存の様子を伝える、こんなかわいい本格的な模型が
パジェッティ搾油所に展示してあります

石を使ってオリーブの実を挽いていました
牛が労働力!


やはりこちらもオリーブの実を潰し、ペースト状にするシステム
11241011160051.jpg

こちらは搾り器
アンギアーリのラヴァーニ搾油所で今でも行われている方法
生地の間にオリーブペーストを挟み、
上から圧力をかけて液体(オイル、水)を抽出する方法
11241011160052.jpg

こちらは保存甕
遠心分離機のなかった時代には・・・
上の写真で出てきた液体は時間が経つとオイルだけが上に浮いてきます
それをすくって甕に保存していました
11241011160050.jpg

機械のなかった時代には
時間と労働力がどれだけ必要だったか。大変な作業だったことと想像します
09:01  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

けいこちゃん

私の時代は。。
子供のとき、洗濯機に脱水機能が付いていなく、ぐるぐるまわす2本の丸い筒状の間を1枚ずつ濡れた洗濯物を入れて、水気を絞っていた記憶があります
今、アヴォンリーへの道というモンゴメリ原作のカナダのTVドラマの再放送をRai3でやっています、あれを見ていると、1900年初頭の生活の様子がよくわかりとてもあこがれます。今の便利な時代に満足しながらも、その頃の不便な時代に生まれたかったと思うひとりでもあるのです。。
utako |  2010.11.27(土) 10:54 | URL |  【編集】

inapyonさん
嬉しいコメントありがとうございます
あっという間に1年経ったのですね
つい昨日のことのようです
今年は特に雨が多いです、昨日は北イタリアのほうで雪が降りましたし、この辺も雹が降りました、来週もまた別の低気圧が入ってくるようです。。inapyonさんご夫妻もお体に気をつけてお元気でお過ごしくださいね!
utako |  2010.11.27(土) 10:41 | URL |  【編集】

ほんの

50年前まではみんなとても大変な暮らしでしたね。

祖母ではなく母の時代でさえ、まだ洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電話、テレビもなく私はそれが暮らしに順々に入ってくるのをみた最後の世代になるのではと思います。

こういったものができたおかげで時間が出来て女性が社会に進出できるようになったわけですね。
けいこちゃん |  2010.11.27(土) 08:36 | URL |  【編集】

utakoさんこんにちは、ちょうど1年前に2人でいっぱいお世話になりましたinapyonです。記念に書き込んでみました。そう言えばイタリアは地中海性気候で11月雨が多いんでしたね。この季節は太陽も低くなり日本でも郊外に行くとヨーロッパみたいな景色を見る事があり旅行を思い出す事が多いです。2人共食べる事が好きなので色々食べに行く事もあるのですが、やはりイタリアの家庭料理にはかないませんね。ほんといつになるのか分かりませんが、必ずイタリアを訪問するのでその時はゆっくり滞在して料理体験とかお願いしたいと思ってます。
ではブログ楽しみにしてます。
inapyon |  2010.11.25(木) 03:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/906-b80a64b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |