01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

オリーブオイル搾油所24時間稼働中

2010.11.17 (Wed)

イタリア、いや世界レベルの中で、より最新式の機械を取り入れている
パジェッティ搾油所へ行ってきました!

今年の秋は、雨ばかり・・、
雨の合間を縫ってはオリーブ狩りがされています

搾油所内の全景、
写真の奥から始まって、手前の方でオイルとなって出てきます


搾油を待つオリーブの実、全て 手摘み されたものです
11171011160056.jpg

はじめに洗浄
11171011160067.jpg

同時に一緒に詰まれた小石や葉っぱが取り除かれます
11171011160066.jpg

この後、オリーブはペースト状にされ、練りこまれます
この会社(パジェッティ搾油所)のこの練り機に特徴があります
11171011160064.jpg
約40分間、真空状態で練ります、温度設定は26度、
練っている最中のペーストの匂いを特別に一瞬だけ嗅がせてもらいました
むせるような青臭い強烈な匂い、消していい香りとはいえなかったです
オイルというより、やっぱり、オリーブペーストの匂い
11171011160062.jpg

練られた後、遠心分離機にかけられて、出てくる液体
オイルというよりも、青い味のオリーブ果汁100%のジュースです!
11171011160065.jpg

落ち着いてくると、オイルの味らしくなってきます

搾油所には、暖炉があり、パンと試食用のオリーブオイルが用意されています
パンを自分で切って、炭火で焼いて、新物のオリーブオイルをたっぷり
かけてブルスケッタで頂きます
お好みで、にんにくをパンにこすったり、塩をかけていただきます
11171011160057.jpg  11171011160061.jpg

パジェッティ搾油所の稼動は、12月クリスマス前までとなっています
16:26  |  パジェッティ搾油所とオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

butanosukeさん

コメントありがとうございます
ひとつのタンクには800kgのオリーブが最大入ります
この辺では大体100kgから最大17kgのオイルが搾油されるといわれますから、800kgタンクいっぱいにオリーブが入ったときには、136kg位のオイルが一回で搾油されることになります
utako |  2010.11.19(金) 10:31 | URL |  【編集】

なるほど!手摘みなんですね。
その後の作業は近代化。
すごいスケールで搾り出されるオイル、見てみたいです。

なのに最後に暖炉があるっていうのがいいですね!
トースターなんて言わず、この暖炉はこれからも残して欲しいです。
batanosuke- |  2010.11.18(木) 13:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/902-415dcc1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |