05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

アーティーチョークの肉詰め

2006.02.17 (Fri)

アーティーチョーク

これがうまいんですよ。
もちろん、ヴィラタッコのアンジェラの一品です。

アーティーチョークは近頃スーパーでのお値段も少し下がりました。
下がったといっても売り出しで一つ60セント。
メルカートではちっちゃめのものが10個で5ユーロでした。(一個50セント)

よくお客様にどうやって食べるのですか?と聞かれます。
①生でピンツィモーニオ(オリーブオイルとレモンか酢、こしょう、塩で作るドレッシング)
②写真の肉詰め(ひき肉の中には、アーティーチョークの茎が入ってます)
③フリット(しっかり炒めた後に卵焼きにする)
こんな感じでしょうか
今、これぐらいしか思いつきません
どなたかおいしい食べ方ご存知の方、是非教えて下さい。

何れにしても硬い部分を取り除き、柔らかい部分を食べます。
①の生の場合、若干硬い部分も上歯と下歯で(イ~という状態)
ギリギリやって食べられます。
それはそれは不思議な味です。慣れると病みつきになってしまう味・・・
それは、アーティーチョーク

人気blogランキングへ





19:46  |  セコンドピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

アーティチョークは捨てる部分が多いので、気分的に割高感です。新鮮さも大事ですし。自家栽培、採り立て、若いうちに生で食べるのが一番うまいです。いつもコメントありがとサンです。
utako |  2006.02.18(土) 16:37 | URL |  【編集】

 こっちのデパートや高級スーパーで見られるようになりましたが、まだまだ庶民にはなじみがないです。

 くせになるのか。
 そのうちもっと流通してきたら絶対に買ってみます。(^^)v-271
チビママ |  2006.02.18(土) 06:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/89-66d94335

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |