05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010年9月13日 300年農家

2010.09.14 (Tue)

●月●日には、農家で、どんなことができますか?
農家訪問に関して、一番多い質問です

農家は自然と共に作業をしていますので、こんなことができます!
とは残念ながら、言い切れません
晴れの日にしかできないことは、雨が降ってしまうと中止になります
雨の予報が出た場合には、晴れにしかできない作業を急遽、終えなくてはいけません
から予定が後回しになったりもします
天気、作物の成長具合。。いろいろあります

こうして毎年毎年その時期にしていたこと、食べたものを書いていくことで
参考にできればと思っています

さてさて、、この時期、農家ではジャム作りが盛ん、女性達の作業です
先日お伝えした黒イチゴもまだまだ、いっぱいなっていますが、
雨降りの予報が出ましたので、こちらイチジクのジャムが優先になりました
イチジクはこの時期、一晩の成長、目を見張るものがありますが
雨が降ると割れて、
雨が中に入っていってしまって、おいしくなくなってしまいます
よって、雨の予報がでたら、できるだけ収穫してしまいます
イチジクを煮たら、この後、漉し器にかけて、細かい種まで取り除きます


食事の準備は・・・
狩りのシーズンですので、エゾジカです、
09141009130015.jpg

冬の家畜のえさ、干草作りを見に行きました
既に終えてしまったのかと思っていたのですが、農家は何箇所にも分けて沢山の土地を
借りて干草を作っていますので、まだ終わっていない場所もありました
丸く巻かれているのは、春の一番刈り取りの干草
09141009130016.jpg

今している作業は3番刈り取りされた干草を
太陽によく当たるように、広げて乾燥させ、まとめる作業
09141009130027.jpg

3番刈り取り干草は、夏の太陽をいっぱい浴びた分、栄養価が高く
一番おいしい、ウサギが大好物の干草なのだそうです

牧草地に、大きなりんごの木がありました、ずいぶん古い昔からある木だそうで。。
で、殆ど野生化したりんごの木には沢山の小粒のりんごがなっていました
余りにも高い木なので、届かない。。
ルイジのトラクターに上がり、一番身長の高い私が代表して木をゆすり、
りんごの収穫です。これがぼろぼろ、ぼろぼろ、落下
(こんな収穫方法もあります・・・)
最後には籠1杯分に。
ジャム用になります、甘くておいしいりんごでした
09141009130030.jpg  09141009130024.jpg

これが、そのりんごの木です
りんごに見えないですが・・・
09141009130019.jpg
15:21  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

butanosukeさん

こんにちは
コメントありがとうございます。
りんごは、ペクチンが豊富なのでジャム作りにはとても、いい材料ですね!
300年農家では、ブドウとりんご、メロンとりんごという2種類のジャムを作ります、ブドウもメロンもそれだけでは、固まらない(固まりにくい)果物。だからおいしさプラス固める意味でりんごは加えているようです。ブドウだけ長時間煮詰めると、固まらないでモストコットという、とろ~っとしたものが出来上がります、チーズにかけたり、ジェラートにかけたり、とってもおいしい別物になります。
utako |  2010.09.15(水) 16:17 | URL |  【編集】

こんにちは

随分秋らしくなってきましたね。
ジャム作りに干草ですか!
自分達で収穫したりんごのジャムなんて、あぁ、美味しそうです。

すっかり触発されちゃったので、近々リンゴジャム作ってみます。
(残念ながら買ってくるリンゴですが。)
batanosuke- |  2010.09.14(火) 19:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/872-93062951

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |