04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

マンマとのイタリア家庭料理レッスンについて

2010.05.06 (Thu)

ラファエラ             ルチアーナ
ラファエラ ルチアーナ

ロレッタ               ベッピーナ
ロレッタ ベッピーナ

アンナ                ノルマとブルネッタ
アンナ ノルマとブルネッタ

今現在、一緒にイタリアの家庭料理を教えてくれているマンマ達です
仕事の都合で一緒にできなくなったりした人、単発マンマたちも合わせると・・、
たくさんのマンマと一緒にやってきました。

教えたいという希望を持って始めるわけですから、皆さん料理が上手です

教える側
のマンマを分けてみます

1)イタリアでレッスンを受けた事のあるマンマ
2)食の職業を持つマンマ
3)レッスン未経験だったマンマ

習う側が姿勢(参加型、見学型)を何も希望しないと仮定すると
1)の場合は、イタリアのレッスンは殆どが人数を集めた見学型
(先生が前でデモンストレーションするタイプ)ですから、それがレッスンと心得ています
 生徒さんには触らせないものと思っている場合が多いです
2)の場合は、時間に追われる仕事の職場で分担作業に慣れていますから
一度、見本を見せたら、「はい、やってください」となり、マンマは別のことをし始めます
次の段取りだとか、使ったキッチン用品の後片付けなど、
ポイントを抑えてまず手際がよく、レッスン終了も早いです
3)の場合は、ルールは無く、そのマンマの性格にもあるような気がします
私が一緒にやっているマンマはみんな、優しい人たちなので、
人のことを気遣って自分でやってしまうパターンが多いです
後は言葉の問題、殆どのマンマはイタリア語しか言えないですから
通訳の居ないレッスンの場合はコミュニケーションが取りにくいので
やはりマンマがやってしまう場合が多いです

さて次に習う側の生徒さん(お客様)を分けてみます
A)食を職業としない(料理好きな)方
B)食を職業とする方


あくまでも今まで(2004年から6年ちょっとの間)拝見しての私の、
個人的な見解ですが・・
A)のお客様の場合は、全く人によります
触って、参加されたい方、一切料理には触れず、黙々と書かれる方、、
参加したいけれど、午前のアクティビティなどで疲れてしまって見学となる方、
いろいろな方がいらっしゃいます。
私が一緒のときは「どうされたいですか?」と都度、伺いますので、方向性をはっきりできますが
言葉が通じないときは、最初からご自分で描いているレッスン模様をお知らせしていただくことで
より充実レッスンとなります
ただし、料理レッスンは時間が限られています、参加型ご希望であっても
お客様のお考えになる参加型度数が高いものが得られるか、そんなでも無いか
はその日のメニューにも寄ります
B)のお客様の場合は
殆ど参加はされず、要所、要所で味見をされたり、固さを触ってみたり。。
全体をぐ~っと遠くから見ておられるという印象です


こんな感じで、マンマも違えばお客様も、みなそれぞれ違います。。
よって一概には「レッスンはこうです!こうしてください」とは、申せないところ。。

そこで、まとめです、
殆どのマンマは言葉が通じないときは自分でやってしまいます
(この可能性が高いです)

そこで、やってみたい!!
(ならば・・・)

やはり、ここはイタリア!!、自己主張をお勧めします
やりたいとき、その場で
FACCIO IO (ファッチョ イオ)!!
(私がやります~~)
と元気に言ってみてください。
マンマも喜びます!
これでいいの??という場合はOK??と聞けば通じます。

日本の場合、お教室の場合、参加型が殆どかしら??
その辺、お聞かせ願えれば、勉強になります
特に、時間を掛けていると乾いてしまう手打ちパスタはどんな感じなのかしら・・・
18:47  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

ようこさん

コメントありがとうございます
とても参考になりました!
料理レッスンをやる側と受ける側の両方から考えると、なかなか難しいテーマです。。。



utako |  2010.05.11(火) 07:31 | URL |  【編集】

一緒に

私も一緒にやりたいです。
次回、是非!!

日本で料理教室に通ってますが
選ぶときは、自分で実際にその場で
調理するかは決め手です。
それと少人数制。
前に通っていたところは、最初は4人が
最大だったのだけど、教室をリニューアル
したら、6、8人になっていて
手持ち無沙汰で、切るだけとか混ぜる係
だけになってしまいました。
もうそこには行かなくなりましたが・・。
やはり実際に体験をしないと
自宅でやろうとすると忘れてます。
ようこ |  2010.05.10(月) 09:34 | URL |  【編集】

ma-san

実は、まーさんのことを考えながら、この記事書きました。よかったです!
ご意見を下さったけいこさん、きんたろうさんにも、ほんと感謝です!
奥が深くて、、数をこなせばこなすほどこれでよいのかという疑問が出てきます。。
utako |  2010.05.09(日) 20:46 | URL |  【編集】

歌子さん
ありがとうございます。
6月からお料理レッスン始めるので、私にとってとってもタイミングの良い題材で、勉強になりました。
けいこさんやきんたろうさんのコメント本当に貴重なご意見で・・・参考にさせてもらいます。
私もいつもイタリア語喋れないから歌子さんについて来てもらってます。とっても助かります。ちょっとしたコツとか、聞きたい事とか聞いてもらって。いつになったら喋れるようになるのか???歌子さんとマンマが楽しそうに話してるのも見てて楽しいです。そこに入れたらもっと楽しいです。基本的に私は体で覚えるタイプなので参加型が好きですが、メモとるのにも必死です。いつもデジカメ撮りまくりでマンマもビックリですよね。
作った後のお食事が、また最高です^^
ma-san |  2010.05.09(日) 04:03 | URL |  【編集】

けいこちゃん

貴重な情報、ありがとうございました!
勉強になりました
下準備にもやはり時間を掛けていますね
確かにドルチェは時間をおかないといけないものも多くあって、本当のおいしさが伝わらないときもあります。後は煮込み系もそう。。時間内でできないです。。となると、できたものと作り方を説明するもの2倍の材料が必要になることに・・・人数が多いとできることなのですが。。。

きんたろうさん
ありがとうございました
そうそう、コミュニケーションを楽しんでくれると嬉しいです。
後は、キッチン用語や数字、食材の名前などのイタリア語を少し勉強されておかれると、楽しさ倍増!
utako |  2010.05.08(土) 09:20 | URL |  【編集】

『ファッチョ イオ』良いフレーズですね。『イッチョ ヤルカ』みたいな雰囲気?『チョ』しか同じじゃないけど・・・

で、肝心のお料理教室のやり方ですが
私は、参加型が好きですので、日本でもそういう所を選んで通っていました。

人気のある先生(カリスマ主婦&シェフみたいな?)やお店をされているシェフに教わる場合は、見学型(デモンストレーションのみ or 一通り見た後やってみましょう・・・というもの)が多いのでは?と思います。そういう場合は、一回の講習の人数も多くなりそうですからね。

記事の内容からは、ズレますが
私は、A)食を職業としない(料理好きな)方の部類ですが
イタリア語がわからなくても、それなりに楽しいとは思うけれど
歌子さんの紹介してくれるお料理教室ならば、コミュニケーションも楽しみの一つだと思うので
是非、日本語通訳付での受講が良いと思います。

そうすれば、ちょっとした疑問やコツ(作り方だけでなく 食材についてとか マンマの知恵とか 日本で作る時には~とか)も教えてもらえるし、面白い冗談も言ってるかもしれないし。
きんたろう |  2010.05.07(金) 05:36 | URL |  【編集】

私の場合は

最初にレシピを配り、まず簡単な説明を。
そして分かる範囲内で時間を短縮したいものはしてごしらえをしておくの。
野菜を刻んだり、蒸したり、最初の炒めまでやっておいたりね。

あとはみんなで作ります。

生パスタも時々やるんだけれど、一緒に作ったのは、パスタ干しに広げて、乾かして持ち帰ってもらい、お教室で頂くのは私がもう既に作っておく場合が多いわね。

ドルチェは基本的に前日焼いておいて説明だけのことがほとんどで、作り立てが美味しいものに限り、一緒に当日。

今時々和食の魚を習いに行っているんだけれど、そこもさばき方や簡単なことは一緒にやり、ところどころデモンストレーションでやっていますね。

知り合いの在日の韓国料理のマンマは煮込みやスープは時間がかかるので、もう既に煮込み中で、サラダや、焼き物を一緒に。

たまに教わるイタリアンのシェフはお店でやるので、デモンストレーションのみであとはレストランランチに。

けいこちゃん |  2010.05.07(金) 02:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/828-2bf3de79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |