01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

パルミーロのジェラート教室

2010.04.12 (Mon)

ここにある材料からジェラートができます

牛乳、生クリーム、砂糖、はちみつ、卵 (シャーベットはミルクの存在が水に変わります)


簡単に思えるこれらの材料は方法を変えるとドルチェにもなります
熱を加える、冷やす、やり方によって全く別物になるのだよとパルミーロが教えてくれました

冷やすことひとつをとってみても、混ぜ合わせたジェラートベースをただ冷凍庫に
入れただけでは、がちがちになってジェラートにはなりません

このような機械にベースを入れ、
p2010_04110002.jpg

冷やしながらかき混ぜます
p2010_04110004.jpg

力のある機械は短時間で伸びのあるジェラートを作り出します
fiore di latteというミルク味のジェラートを試食
口どけ最高、ミルクの味が生きた素朴なジェラート
ジェラートの基本の味です

次は、バナナ味、よく熟したバナナをそのままミキサーにかけ、
黒ずみ防止にはレモンを加えます
バナナジェラートの元を機械にかけること10分弱・・・
出来上がりました!
p2010_04110007.jpg

昨日の日曜日は大雨で非常に寒かったので、、
バナナジェラートに、ホットチョコレートをかけていただきました
p2010_04110010.jpg

おいしかったです!

パルミーロの話は大変奥深いもの、
歴史を知ること、材料の成分を知ること、
食べる地域の文化、習慣。
いろんなことから計算して作り出す好まれる味作り
興味のある人にとって、とても勉強になる内容となっています


10:26  |  パルミーロのジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

けいこちゃん

最低8時間冷凍庫に入れて置くんですね、わかる気がします、ジェラート作りは急速冷却が命!
utako |  2010.04.15(木) 08:37 | URL |  【編集】

我が家に

デロンギのアイスクリーム作り器があって、中の入れ物を最低8時間冷凍庫に入れておくんだけれど、これに牛乳、生クリーム、果物、などを入れるとそれはそれは、、v-238

難点はただでさえ夏場は冷凍庫が一杯でこの器を入れるスペース作りがねv-12

まーさんは
参加しているでしょうねv-221
けいこちゃん |  2010.04.13(火) 11:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/817-1216b37a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |