05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

冬の娯楽には・・・

2010.02.10 (Wed)

アレッツォに住んでいる人たちの娯楽は何ですか?

と時々質問を受けます。
季節毎に、町の人が好む娯楽を挙げます。
冬は?
外は寒いのでやはり娯楽といえば
映画

UCIといういわゆる日本で言うところのワーナーマイカルのような大きな映画館が
アレッツォにもあります、
アバターが今イタリアでも人気ですが、それにも増して話題性大!なのか?
すごいホラーがある、
イタリアで心臓発作による死者が2名でたとか、
具合が悪くなって救急車で●人運ばれただとか
これ以上怖い映画を作ることができないそうだから・・って
いううわさが立ち。。。
しかも制作費が1万5千€だけだということ!
(お金をかけないでそんな怖い映画ができるのかー?という興味心)

昨晩(しかも23時ごろ。。)、勇気を振り絞って行って来ました

こちらの映画↓
パラ
公式サイトはこちら

怖そうでしょう~~。。

映画館は夜も遅い平日というのに200人以上は入っていました

イタリア人にホラー映画・・・・??の状況は・・・
おしゃべり好きなイタリア人たちは、映画の間もおしゃべりを止めません!
しかも、映画に話しかけます、相槌を打ちます、・・・・
びっくり表現を口にします(うげ~~のような・・)
怖くあるべきはずの映画が台無しです

おそらく、今回のような単調な画面の映画の場合(家の中でテレカメラシーンばかり)、
ストーリーも複雑でないし
しゃべりたくてしょうがないんだと思います
私の隣に居たおばちゃんは、、
accendi luce! accendi luce! (電気をつけないさい、電気をつけなさい)
と何度おおきく、つぶやいたことか・・・(暗い所で何かが起こるので。。。)

最後のシーンが。。。。ドンッ!と終わった時
MA ! SIETE MATTI !
(あんたがた、おかしいじゃん!、そんなのありかよー!?)
とあるイタリア人が映画に向かって叫んだと同時に、
会場、、一気に笑いが、どどーーー
拍手まで。。。(やられたなぁって感じの空気)

なんでホラー映画の終わりが笑いで終わっちゃうわけ??

さすがラテン国イタリア!を久々痛感した出来事でありました
16:15  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

けいこちゃん

先日、シャーロックホームズを見に行ったのですが(日本では3月公開)やはりそのときもおしゃべり若い子軍団がいて、おじさんが大きな声で注意していました、その注意の仕方、イタリア人は自然でうまいんですよね、傷つけないように、わからせる天才的です、ちなみになんていったかというと、avete finito?でした、で、話は終わったか?という感じ。口が上手なイタリア人、いろんな場面において言い回しが上手、なるほど!と思うことは、よくあります。
utako |  2010.02.11(木) 19:30 | URL |  【編集】

アハハ

楽しそう!!

映画より周りの反応が何よりv-237
けいこちゃん |  2010.02.11(木) 11:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/799-1cab51c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |