03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テヌータディフラッシネートワイナリー訪問

2009.12.29 (Tue)

昨日の続き、ワイナリーです~~

アレッツォから南西方面、約16kmの距離に位置するテヌータディフラッシネート
写真の中心にあるお屋敷、キアナ渓谷の真ん中に位置します
20091229Dove Siamo

ワイナリーは2007年から開業、ぶどうの苗木も若いです!
ぶどうの品種はトスカーナに居ながらにして、このような感じ
SEMILLINO,CHARDONNAY,SAUVIGNON,TRAMINER,PINOT BIANCO,
VERMENTINO,MERLOT,CABERNET FRANC,PETIT VERDOT
(サンジョベーゼがないんです!!)
最新式のワイナリーの中の様子


ワイナリーの裏側にある広大なブドウ畑
ブドウ畑は全部で30ha(東京ドームが6,4個分入る大きさです)
ちなみにこちらの所有者は、全部で500ヘクタールの土地を所有しています
よってブドウ畑の30ヘクタールは全体の6%分にしか当たりません・・・
(500ヘクタールは東京ドームに換算すると107個分
20091229RIMG0006.jpg

ではワイン以外いったい何を作っているの?
上質の麦、とうもろこし、家畜用の草などです

ワイナリーを見た後は、こちらの敷地を散歩・・
昔、麦挽きに使っていたトラクターモーター部分
20091229RIMG0018.jpg
   
今でも残る17世紀の地主所有の教会の鐘
20091229RIMG0019.jpg

地面にマンホールのようなものをたくさん発見
これは1950年ごろまで実際に使われていた、麦の保存庫
地下にテラコッタの大甕がいまでもたくさん埋まっているそうです
20091229RIMG0026.jpg   20091229RIMG0025.jpg

来年初出荷となるスプマンテ
20091229RIMG0020.jpg

さてさてお屋敷に着きました、このお屋敷は現在修復中につき
残念ながら、立ち入ることができません。
お屋敷は1871年に大きく修復されましたが
このテヌータディフラッシネートの歴史は15世紀から始まっています、
大地主、トスカーナ大公、著名人、所有者交代の華やかな舞台がいかにも想像されるヴィッラ
なんと部屋数は130個。
3階建てで各階がそれぞれ1800平方メートル・・・
(私の家は45mqですから40個入ります・・しかも、その3倍)
20091229RIMG0028.jpg

20091229RIMG0033.jpg

中は装飾であふれ絵画もすごいそうです
ちなみにこんな感じ。。
(下の3枚の写真は実際には見ることはできません)
20091229La Villa 2

廊下もこんな感じで描かれているそうです
20091229La Villa 3

20091229La Storia 1

1976年から現在に至る所有者はMISEROCCHIファミリー
一年の半分をアルゼンチン、半分をイタリアで暮らしているのだそうです

こんな感じで約1時間のワイナリーツアー
近くにはフォンテディジャーノB&Bがあります、フォンテディジャーノからは
車で7分の距離となっています
16:23  |  フラッシネートワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/770-04ea9d9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。