05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

300年農家 11月6日の食事

2009.11.07 (Sat)

食材を自分で育て、自給自足に近い生活をしている300年農家
親戚のオランダ人の家族がオランダから来ていたこの日、ランチを一緒にとりました

その準備は・・
メインのお肉はなんと4種類
まず、飼育ウサギ(coniglio),
味付けはお腹にローズマリーとにんにくを入れ塩、胡椒、オリーブオイルだけ
薪のオーブンでじっくり火を通します
20091106P1060926.jpg

こちらホロホロチョウ(faraona)
こちらはお鍋で。火はやはり薪ストーブの火をゆっくりあてて行きます
手前に見えているのは、野生の動物の臭みを取っている様子
野生ウサギ(lepre)、 ノロジカ(capriolo)が仕込まれています
この野生動物は農家の敷地を散歩中(食事中)に狩られました・・
20091106P1060928.jpg



数日前に石臼で挽いたばかりのとうもろこしの粉
polenta (ポレンタ)です。ソースはノロシカと野生ウサギ、農家のキアナ牛の挽肉をあわせた
極めたうまさのラグー。右の写真はノロジカです、柔らかくてとってもおいしい!
20091106P1060951.jpg 20091106P1060952.jpg

ローズマリーで味付けした飼育ウサギと農家のローストポテト、もちろんオイルは農家産の
エキストラバージンオリーブオイルを使っています
右の写真は干しイチジク、初秋に干していたもの、甘さが柔らかな自然のキャラメル
20091106P1060955.jpg 20091106P1060950.jpg

暖炉で焼き栗、ドルチェは農家の卵で作ったクロスタータ
かぼちゃが乗っていました、かぼちゃはジャムではなく、砂糖とレモンにさっと漬け
砂糖が液体になったところでそのシロップで軽く煮たというもの
かぼちゃがまるでフルーツのように変化していました、技あり!です。
20091106P1060946.jpg 20091106P1060933.jpg

農家の食事は毎回全部おいしいのですが、これ↓特においしかったです
リコッタチーズとクロトリュフをあわせたもの
クロトリュフは卸して、リコッタチーズの中に混ぜ込んでいます
リコッタチーズの味とトリュフの味がなんとも合う!
味のハーモニ~~最高のうまさでした
20091106P1060956.jpg

狩りをしたお肉があって、栗、ポレンタ、かぼちゃ、クロトリュフ
農家の食材は季節感がたっぷりです。
01:42  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

ひよこさん
かぼちゃのクロスタータの生地、オリーブオイルで作っています(バターはほんの少しだけ)できたて、さくさくでおいしい!生地の味、懐かしい昔に食べた味がしました

フレッドローザさん
はいはい!もうダウン着ていますよ。ここのところ、湿度もあってより底冷え感じます。すっごい着てますね~~と私言われてます、着る分には脱げるから、とりあえず重ねています。もうスリムに見せたい年頃でもないし(スリムでもないし。。)・・・暖かさ優先・・・・です~~。
utako |  2009.11.08(日) 16:55 | URL |  【編集】

こんばんは!

ウサギ&ホロホロ鳥・・いずれも日本ではなじみがないので 食べたことがありません。
お味は___??

ジビエ料理っていうんですよね~v-42

フレッドローザな私にはつらい季節の到来ですが、トスカーナではすでにダウンジャケットが必要ですか??
フレッドローザ |  2009.11.08(日) 13:00 | URL |  【編集】

クロスタータおいしそう!

どれも、おいしそうですね~!特にかぼちゃのクロスタータを食べてみたいです(*^_^*)
ひよこ |  2009.11.07(土) 06:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/736-0440651c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |