07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

初秋の300年農家訪問 (前半)

2009.09.15 (Tue)

長く感じた夏も終わり、雨の続く季節になりました
今日の天気予報は、木曜日まで連続、雨マークです・・

農家へ行きました
長い3ヶ月の夏休みが終わって、学校も昨日から始まり、電車の時刻表は冬時間に変わりました
と同時に、、農家へ行く列車・・こんな古いのになっちゃいました・・
こんな芸術的な落書き列車は日本にはあまり見かけない・・・、
「こんなのもありなんですね~~!」と楽天的賛成意見が多いのも事実


中は列車なのに、家具調、とってもエレガント 特にカーテン・・・
20090915P1060503.jpg

この列車に乗ること30分、農家の最寄り駅に着きました

駅までは農家の人が車で迎えに来てくれます

今年はクルミがこの辺では豊作です、いっぱい落ち始めていました!
干さずに頂く、生胡桃、これは絶品!この時期だけの自然の味です
20090915P1060515.jpg

この時期、農家の薪の調理台ではジャム作りが常に行われています
よって朝から晩まで調理台の火を絶やすことはありません
今の時期は夏のブラックベリージャムが終わって、
イチジクジャムやぶどうとりんごのミックスジャムが作られています
20090915P1060518.jpg

午前10時ごろ、手間と時間をかけた昼食の準備が始まります
今日は初体験 ミネストラ ディ パーネ(minestra di pane)
いわゆるパンのスープ。野菜スープとは言わずにパンのスープ、
という言い方、昔から、代々家に伝わる伝統の料理です
野菜は全て、自家栽培したもの、収穫したてを使います
20090915P1060517.jpg

野菜にじっくり火を通し煮込んだら・・・ 
(隣ではナスとパプリカの炒め物を作っています)
20090915P1060546.jpg

煮た白いんげん豆を濾して、ブイヨンのような役目にします
20090915P1060535.jpg

スープは約3時間ゆっくりと時間をかけて煮込んでいます
さてさて、食べる準備!パンを切りまして・・
20090915P1060548.jpg

スープと煮豆をティラミスを作るときのように何層にも分けて重ねて行きます
20090915P1060551.jpg

できあがり!
20090915P1060552.jpg

お皿に盛り付けると、こんな感じでパンがスープをかなり吸っています
この水分の吸わせ加減が難しい!スープが少ないとのど越しが悪く
スープを入れすぎるパンのスープとは呼べないような・・・
20090915P1060555.jpg

明日に続きます
19:53  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

なります!

余ったらオーブンに入れるそうです。私はフライパンですこし焼き目をつけて食べるほうが好きです
本物のリボッリータのように葉物は入っていませんけれどおいしいこと間違いなし!
utako |  2009.09.16(水) 15:30 | URL |  【編集】

ズッパ デイ パーネ

ね。

これが翌日リボリータになる?
けいこちゃん |  2009.09.16(水) 07:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/696-9ed06d05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。