12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

アンギアーリの楽しみ

2009.09.09 (Wed)

中世の街・アンギアーリは、土の色が赤く、特産品として、焼き物があります
アンギアーリ焼は地元の家庭では昔からよく使われているものの
そんなに有名ではありません、
地味な感じで、あたたかい色あい、 私は惹かれます
20090909anghiari.jpg

アンギアーリへ行ったら、少しずつ買って、アンギアーリ焼きを増やしています
これがアンギアーリへ行く私の楽しみ!
小鉢は一つ3€弱、どんぶり物にちょうどいいサイズの器は4€弱と値段も手ごろ
タイプは、火にかける用とそのまま使う用の2タイプあります
一個一個手作りなので、模様、大きさ、気に入ったものを選びます
難点は柔らかく、欠け易いこと、
昔からアンギアーリ焼きを使っている家庭の食器を見ていると、欠けた感じとか
が、また味を出していたりしますが・・・
20090909P1060436.jpg

ゆでたジャガイモとイタリアンパセリをアンギアーリ焼きに入れる
20090909P1060434.jpg

お店の人が言っていました
これもね・・いつまで続くかわからないわよ。。
今やっている人が引退したら、もう無くなるかもしれないと・・

とっても味のある陶器なのに、作り手がいなくなったら、、寂しい話です。。

アンギアーリの思い出にアンギアーリ焼きおススメ、
買うことのできるショップはアンギアーリのチェントロ広場に面している
陶器屋兼手芸屋さんです。

アンギアーリの街は、こんな感じ
frantoioP1020322.jpg

20090906P1060132.jpg
09:36  |  アンギアーリ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

そうなんですよ

和の雰囲気を感じます、値段が手ごろなので気張らずに収集できます、持ち帰り、重いのがちょっと大変ですが・・・
utako |  2009.09.09(水) 16:42 | URL |  【編集】

和食に

合いそうな焼き物。

とても素敵な感じの町ねv-238
けいこちゃん |  2009.09.09(水) 15:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/692-38ec5c18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |