05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

羊の交配期になりました

2009.08.16 (Sun)

300年農家での羊を飼う目的は・・・
①Pasqua・パスクア(イースター)期に子羊を出荷するため
②パスクア後に、ある羊乳でペコリーノチーズを作るため


この2つの目的の為、農家では緻密な1年計画
その始めの段階、交配が始まりました
ずっと隔離されていた雄が、雌羊の間に放されました
こちらはMONTONE(モントーネ・雄羊)の一頭、かなりの高齢、今年が最後の仕事とのこと。。


約120頭ほどの雌羊は羊の種類ごと3~4つのグループに分けられます
そこにそれぞれ1~2頭の雄をいれます

こちらは別な雄羊・今年2年目の若手!
CALORE(カローレ・交尾欲、盛り)の時期の雌の近くに寄って行きます
peP1060165.jpg

peP1060167.jpg

雌の周期は18~20日、農家の長男ルイジの説明によると
人間との大きな違いは、雌羊はその時期(カローレ)でないと、全く雄を寄せ付けないのだそうです
準備ができると、雌とオスはこんな感じで寄り添いあいます
peP1060192.jpg

こんな感じでも・・オスのオウッ~~っという、のどからの声も聞こえています
peP1060193.jpg

結局、見ている間、この角のかっこいいモントーネ君は雌3頭に囲まれながらも
交配の様子を見せてくれませんでした
(人が見ていると、なかなか難しいそうです・・・)
peP1060195.jpg

どうしてグループごとに分けるのか?
羊の種類によって、肉がよりおいしい、乳がよく出るなどそれぞれ特徴があるので
二つ(パスクア用の子羊出荷とチーズ作り)のバランスが取れるように
うまい具合にグループ分けしています。

交配は一回で殆ど成功するそう、よって雌の周期20日ですから
多く見積もっても1ヶ月以内には、全雌羊が妊娠することになります

餌がないのに、何かを噛み噛みしている羊たち・・・
羊は牛のように4つ胃袋があるそうで、
一度胃に入れた食物を、もう一度口に戻して、次の別の胃に送り込む段階中・・
40回程噛んで飲み込むのだそうです
peP1060194.jpg

いやいや面白いことばかり!
06:23  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/678-c40a0a7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |