01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

300年農家 8月

2009.08.02 (Sun)

300年農家へ行ってきました、暑いです、、、

農家での羊の乳搾りも最終段階、お尻に青いインクをつけられている羊だけ乳が出ています
(写真左下に2頭ほど見えています)


自然に任せて造る、手造りのペコリーノチーズ
猛暑の中、出来上がるチーズは乾燥ぎみです
20090802P1060078.jpg

夏野菜は真っ盛り、かわいいナスの花とナス
20090802P1060082.jpg

蛇インゲンという名の長~い食用のインゲン
20090802P1060081.jpg

今日の食事の一部
手作りのラヴィオリ ミートソースがめちゃうまでした!
20090802P1060085.jpg

季節野菜(ズッキーニ、なす、パプリカ)のオリーブオイル炒め
これ、とりたて野菜の甘みがじわ~~っとおいしかったです
20090802P1060088.jpg

キアナ牛のローズビーフと農家のフライドポテト
20090802P1060087.jpg

できたてのチーズ2種とペコリーノチーズ2ヶ月熟成
20090802P1060086.jpg

春の最盛期には一日50リットル以上あった羊乳も今は一日8リットルくらい
羊乳自体も硬くなってきています
確かにマルゲリータが作る段階でチーズを押す様子を見ていると、
春とは違って、とても力を入れていました

しかもこの時期のチーズは水気をよく出さないと、この暑さで悪くなってしまうそう、

固い上に水気をよく絞るのはとても大変そう・・・

羊の乳が終わると来年のパスクア(イースター)に向けて羊の種付けが始まります
夏中には、約120頭のメス羊が皆妊娠します。
お腹の中には約5ヶ月、そして出産シーズンが来て、ある程度、子羊が育ったところで
子羊はパスクア用に出荷され、その後の羊乳でまたチーズ作りが始まるというサイクルです

一年、、あっという間です。
16:39  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

そうそうキアナ牛のミートソースです
インゲンと酢って合いますよね!先日コープでインゲンを安売りしていて一袋買ったら・・・見た目は小ぶりなインゲン、なのに中が豆になり始めていて、硬くて硬くて、安売りは注意だな~っと思いました。。それを話したら、さわって中に空洞がなくってびっちり水分が充満しているのを買わないとだめだとマルゲリータ!今後気をつけます~~!
utako |  2009.08.03(月) 09:02 | URL |  【編集】

このミートソースのお肉もキアーナ牛ですね?
おいしいミートソースのラビオリ・・・
あ~食べたい。

クタクタに炒めた自家製野菜。
この夏は、インゲンをイタリア風にクタクタに煮て、オリーブオイルと酢 塩 で食べています。
きんたろう |  2009.08.03(月) 02:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/671-2abd8dbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |