04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

B&B「桑の木のある家」での料理レッスン

2009.06.22 (Mon)

300年農家(300年続く伝統農家)まで歩いていける距離にある
Bed&Breakfast「桑の木のある家」(敷地には、大きな桑の木があります)
この宿から、トスカーナのカセンティーノ地区の景色が一望、
向こうの山の中腹には、ヴァレンツァーノ城がみえます


こちらの宿は隣接して大家さんが在住、女性一人でも安心して泊まれる場所です
部屋から見える景色
P1050728.jpg

大家さんは、6人家族
おじいちゃん(シラーノ)、おばあちゃん(ブルネッタ)、おとうさん(ヴォルファンゴ)
おかあさん(ノルマ)、2歳の女の子(カルメン)、4ヶ月の男の子(ルドヴィーコ)


お父さんは中学校の音楽の先生
ヴォルファンゴという名前はモーツアルトの名前
お母さんの名前のノルマはオペラ演目
カルメンちゃんも、有名なオペラ演目
ルドヴィーコちゃんもベートーベンの名前

まさしく音楽一家??なんです!

子守をするおじいちゃんとルドヴィーコ!(とても素敵なおじいちゃんです)
P1050738.jpg

こちらでは1800年代の農家を改築した屋敷でマンマとノンナの料理教室ができます
ノンナのブルネッタさんはご両親が昔フィレンツェでトラットリアをされていたそうで
そちらを手伝っていた方、いろんな丸秘テクニックが飛び出します
一方、お嫁さんのノルマさんも料理が大好き!元々学校の先生なので
教え方も上手です!
P1050737.jpg

メッザルーナ(月型包丁)でハーブを切るブルネッタさん
P1050740.jpg

キッチンの窓からは、向かいの教会が見えます
こちらの屋敷には、その昔、MEZZADRO(折半小作農民)が住んでいて
作物の半分をこの向かいの教会に収めて、家賃としていたのだそうです
P1050744.jpg

おじいちゃんが作る無農薬元気野菜
P1050752.jpg

子供が小さいとどうしても、料理教室はできないという場合があります
ここの場合は同じ屋敷の中に定年退職したおじいちゃん、おばあちゃんが住んでいて
子守を全面協力、お姑さんから料理を習ったノルマさん自身が料理教室をやってみたい!
とのことでした
活気のある、にぎやかなイタリア家族との体験ができます
近くには大家族の300年農家もありますから、
パワーアップした、素朴なイタリアの田舎と人とのふれあいが可能になります。
09:33  |  桑の木のある家 料理と宿  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

ottocento50sさま

コメントありがとうございました!
カセンティーノ(casentino)地区は国定公園となっている自然がいっぱいの所。野生の動物にも出会うことがあります、あとはassisiのサンフランチェスコが晩年過ごしたla verna 修道院があります、この地区はまた、おいしいもの産地でもあります、生ハムをはじめとした豚肉加工品、ペコリーノチーズは最高です。
utako |  2009.06.23(火) 14:30 | URL |  【編集】

素敵な田舎

初めてコメントします。

時々楽しませてもらっています。
昔々、Milanoに住んでいましたので、北部のほうは土地勘もあり大体どのあたりかが分かります。
10年ほど前から、トスカーナ、ウンブリアの田舎にはまっています。スローライフを地でいっているようで楽しいです。

そこで、ちょっとお願いです。土地名、できたらスペル・アウトしていただくとありがたいのですが…。

Casentinoと見当をつけて、ググッてみると、ウンブリアとトスカーナが出てきました。フィレンツエの東だとわかりました。

うらやましいです。
ottocento50s |  2009.06.23(火) 08:23 | URL |  【編集】

きんたろうさん

プランいい感じでしょうか?
ありがとうございます!
ここの家族の名前、初めて聞いたお名前ばかりで。。メモって帰ってきたんです、情けなや~~。

けいこちゃん
ピアノ連弾いいですね、けいこちゃんだったらきっと話が弾む家族です!
utako |  2009.06.22(月) 16:30 | URL |  【編集】

とっても

素敵な家族ね。

ここでピアノ連弾したいなー。
けいこちゃん |  2009.06.22(月) 12:57 | URL |  【編集】

B&B『桑の木のある家』
なんて素敵なネーミング

300年農家+B&B桑の木のある家プラン
いいですね~。

ヴォルファンゴ=ヴォルフガング
ルドヴィーコ=ルートヴィヒ
ですか?
イタリア語読みになってると
言われるまでわからない・・・。
きんたろう |  2009.06.22(月) 10:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/647-c6c4ef9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。