01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

Lasagne asparagi e burrata

2009.04.27 (Mon)

アスパラがおいしい季節です

イタリアではこんな感じでアスパラ用の鍋が売っています・・・
需要があるのかどうかは別として。。
この鍋の使い方は・・
アスパラを立てたままゆでます、お湯は半分ほど、で、アスパラ上部の柔らかい部分は
蒸気でゆでます
蒸気でゆでることで、茹で上がりがきれいです
アスパラ用鍋

さて、さて
茹でて食べるのにも飽きてきたのでこんなのを作ってみました(TVでやっていたんです・・)
新鮮アスパラをさくっと茹でます


ゆでた後、アスパラの柔らかい部分を除いたら、細かく切って
エシャレットとバターで炒めます(私はエシャレットがなかったので赤たまねぎを使いました)
フライパンのものに、ブッラータ(モッツアレッラの中に生クリームが入ったもの)と
パルメザンチーズを入れハンドミキサーにかけます、
クリーム状にするためにアスパラの茹で汁を程よく加えます
※ブッラータが近くのスーパーで手に入らなかったので、
普通のモッツアレッラに生クリームを加えました
耐熱用の器に、クリーム、アスパラ、ラザニアパスタ、クリーム、アスパラ、ラザニアパスタ
と3度ほど繰り返していきます
20090427P1050579.jpg  20090427P1050580.jpg

表面にはモッツアレッラとパルメザンチーズを乗せて・・
180度で30分くらいオーブンへ入れるとこんな感じに焼き上がりました
20090427P1050582.jpg  20090427P1050584.jpg

おいしかったですよー。
ホワイトソースを使わないラザニアです、ま~生クリームとモッツアレッラが入っているので
似たような味にはなります・・・
ホワイトソースを作るのが面倒なときこんな方法もあるってことで。。
13:10  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

収穫したての北海道のとうもろこし~~を想像してしまいました!北海道は、他にも、たまねぎ、じゃがいも、かぼちゃ、おいしいし!!
おいしい魚が食べたいよ~。
utako |  2009.05.02(土) 08:04 | URL |  【編集】

北海道のアスパラもまあまあおいしいのですが、結構高価なんです。
それと、旬の時期が『一瞬』です。
昨年は、6月初めに遅霜が来て、アスパラもだいぶやられ、不作でした。
だから、今年は、トスカーナでも食べられるのか~と楽しみ。

うちにも、少しですが、アスパラが出ます(以前の持ち主のおばさんが植えていたものらしい)
アスパラ(と、とうもろこし)は、収穫したらすぐ茹でるのが一番おいしいので家庭菜園のが一番おいしいはず!

きんたろう |  2009.04.30(木) 04:50 | URL |  【編集】

北海道は

アスパラがおいしそうなイメージありますが。。。
子供の頃、私の家にもアスパラの株があって、夕食に食べた魚の骨を株のえさとしてあげに行ったものです。。アスパラが甘くなると母が言っていた記憶があります。
utako |  2009.04.29(水) 17:12 | URL |  【編集】

アスパラ・・・
また、食べなければいけない物が
増えました。

実は、好物なんです。
飽きるほど食べたい・・・。
きんたろう |  2009.04.29(水) 09:05 | URL |  【編集】

けいこちゃん

ブッラータ日本高いそうですね~、日本へ持って帰られたとは!ん~驚きです。

まーさん
そうそう、この器は緑色をしていてとってもかわいい、食べるのが楽しくなる器、アスパラとよく合っていました!
utako |  2009.04.28(火) 20:07 | URL |  【編集】

食べ飽きたい・・・

羨ましい・・・
日本じゃ少量の束です。
そして、その食べ方!!おいしそうじゃないですかぁ~。しかもかわいい^^
ma-san |  2009.04.28(火) 15:01 | URL |  【編集】

ブッラータって

もともとはプーリアなのね。

葉っぱに包んで水に漬けてあって売っていてクリーミーでおいしいの。

6年前にフィレンツエのメルカートで購入して日本まで持って帰り生徒さんたちに出してあげて喜ばれたわ。

デパートのイタリア展で売っていたりするけれど、3000円台でとてもとても買う勇気がない!!
けいこちゃん |  2009.04.28(火) 08:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/615-fd6c92ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |