12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

薪釜を使った料理レッスン

2009.01.09 (Fri)

悪天候が多い、去年から今年にかけてのイタリアの冬
12月にはアレッツォでは、いつもなら降らない雪が降ったり。
今日はミラノのほうが雪で大変らしいです。

こんな寒い冬にはラファエラ家にある薪釜に火が入ります。
もちろん日本では薪釜調理は無理でしょうから
薪釜調理はガスや電気に替えての調理となります。

20080107P1040791.jpg
「釜の火」調理で最高美味しい冬のトスカーナ料理といえば リボッリータ

リボッリータの中に入れる代表的な冬野菜・カーボロネーロを
マリオと畑で収穫します
カーボロネーロは霜が降りてから甘みを増す寒さに強い野菜
こんな感じに仕上がりました、美味しそうでしょ~。
20080107P1040796.jpg

付け合せはアーティチョーク
一番リクエストの高い野菜です、
味付けはニペテッラ(はっか)とイタリアンパセリとオリーブオイルと
塩とにんにく。細かく刻んだらアーティーチョークの中へ
入れ込んで薪釜でゆっくり火を通します
20080107P1040793.jpg

メインは豚ロース
下味をガス調理の時点でしっかりつけたら
仕上げは、やはりこれも釜でゆっくり火を通しました。
20080107P1040799.jpg

ドルチェはこのシーズンならではの焼き菓子
中にはカスタードクリームと生クリームが入っています。
20080107P1040800.jpg

薪釜料理のお味は・・
なんとも深い味わい、土鍋でゆっくり火を通すことが
美味しさの秘訣。時間が美味しくしてくれる料理。

ゆっくり流れる調理の時間が冬の夜長も楽しませてくれます。

昔の人は釜に火を入れたら
パンを焼いて、料理を作って、お菓子を作って
豆を煮て、炭や灰で野菜に火を通して、
そして残った灰で洗濯まで。

便利さは措いておいて、そんな無駄のない生活が私の一つの憧れです。
13:09  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

bokuさん

パン屋さんにパンではなく、窯の作りかたを教えてもらったというのは、なんともbokuさんらしい!
窯を作ったら、パンなのですね。

いや~想像しただけで素敵です、熊野の自然と一緒にラファエラが料理してマリオが火を管理。
そして料理を作っている間、私は地酒などをいただければ最高幸せ!村人とお話ができるといいなぁ。釣りもしたい!白川神社にお参りに行って。絶対実現させたいです!
utako |  2009.01.12(月) 12:51 | URL |  【編集】

石窯でパンを焼くパン屋さんに、窯の作り方を教えてもらってきました。
いつか熊野に石窯を作ろうと思って。
そうなったら、utakoさん、ラファエロとマリオを連れて、熊野にお料理を伝授しにいらして下さい!
時間が作りだす料理はあこがれです。
boku |  2009.01.12(月) 10:43 | URL |  【編集】

フレッドローザさん!

どーも!
なんかりっぱなイタリア人の名前のようです。マリアローザさんのような・・
なるほど、、煮崩れしにくいジャガイモなのでしょうね!私は崩れていないジャガイモが好きなのでいつもジャガイモは後で入れるほう。日本野菜のリボッリータおいしそう!
utako |  2009.01.10(土) 19:25 | URL |  【編集】

試してみました~!

先日はお世話になりました。
寒がりです。 わかりますか?

今日、リボリータを作ってみました。
材料は日本で手に入るもので代用(かなり代用)しました
が。 じゃがいもがなかなか煮崩れないので、ちょっと固めですが、初めてにしては・・・まあまあかなv-9

明日はパスタをうちま~す。
フレッドローザ |  2009.01.10(土) 11:41 | URL |  【編集】

私も

憧れ!
現実は。。今のところ、人の家であたらせてもらうのが一番。。いつかはストーブ兼調理台が欲しい!
薪を入れる隣がオーブンになって、上が調理台になっているの、けいこちゃんもご存知ですよね。
utako |  2009.01.10(土) 08:35 | URL |  【編集】

出来ないから

なおさらこういった生活にあこがれる。

人生一度、ゆっくり火を見つめてのんびり、、、実際は忙しいんだけれど、、、すごしてみたい。
けいこちゃん |  2009.01.09(金) 13:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/556-dfa5cdf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |