01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

洗濯上手になるには。。

2008.12.21 (Sun)

イタリア人男性がきれいなシャツを着こなしてるのには
内助の功があってのこと!
イタリアマンマの殆どは洗濯が上手です


その理由
1)色物、白物、黒物を徹底的に分ける
2)物によって温度を変える(白物90度~黒物30度など。。)
3)生地を分けて洗う(綿、合成繊維。。)

こんな話も実は人それぞれですから
人が集まると私はこうしている、あーしているで
話が延々と続くわけですが。。

洗濯機が優秀というのが基本ですし。
私の家の洗濯機はコットン設定をするとなんと2時間半も動いています。
(予洗いを加えたときには恐らく3時間)
汚れがとてもよく落ちています

さて洗剤について

左は黒物専用、右は白物専用(柄物もOKとは書いています)
他にはウール、デリケート物用などもふんだんにあります。200812016P1040732.jpg

普通の洗剤もたくさんの種類が売られています。

イタリアで洗濯をしたことのある方ならば
いったいどのぐらいの洗剤を入れたらいいのだろう!?
と考えたことがあるはず。
200812016P1040733.jpg

それは水の硬度によっても洗剤の量が変わってくるため

イタリアでは地域によって水の硬度が違います、
お住まいの街の水供給会社のサイトへ入り
硬度を調べましょう。
アレッツォは21°でしたのでMEDIAの部分を参考にします。
POCO SPORCO(ちょっとした汚れ)の部分はキャップ一杯となっていますが
(記載よりも少なめの)
キャップ半分から3分の2の量で十分汚れは落ちます。
表示通りに洗剤を入れて洗った場合、少なめに入れて洗った場合
どうぞ比較して見てください。
量を少なくすることで節約になり、そして泡切れもよい。
(実はこれはラファエラから聞きました!)
注意することは、洗剤を少なくした分
油しみやエリ汚れなどポイントの汚れをしっかりチェックし、
このような染み抜き用の洗剤をつけて洗うことを忘れずに!
200812016P1040735.jpg

ラファエラ曰く脱水機も緩くかけてしわをあまり作らないと
アイロンかけも楽とのこと
ただ、この季節
外に干せないこともあり、私は最強の1100回転/ 分ほど回していますが
ほぼ水気が飛んだ状態でしわしわになって出来上がっています。。
アイロンがけが実に大変です。。。

染みを残さず、黒色はずっと黒のままで、
白色が黄ばんだりしなくなり、色物はいつまでも鮮やかな色物。
(イタリアのマンマやノンナに見習いたい)目標です。。。
10:35  |  目指すぞ!イタリーばあちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

けいこちゃん

バカンスにアイロン持参?きっと日本では考えられないことですね。私が手伝っているB&Bでもお客さんにアイロンがあるかと時々質問を受けます。なんたって靴下やパンツにまでアイロンをかける国ですからね~!

きんたろうさん
そうなんですよ!マンマは完璧な人が多いです、そんなマンマを見て育つ息子が彼女に完璧を求めると・・・大変になるんですよ。
水の硬度、この表示はフランスの硬度となっているようです、日本はアメリカ硬度式を使っていると書かれていました。
よってフランス硬度→アメリカ硬度に変えないといけないですが間違いなく軟水でしょうから一番上のところでしょうね。。そうそう、私も肌に使う石鹸は作ったのを使っているのですが、洗剤は合成洗剤を使っています、なかなか難しいですね。。
utako |  2008.12.22(月) 16:16 | URL |  【編集】

イタリアのマンマ

は働き者!!

でも次の世代はちょっと心配ね。
でも親の背中を見て育つからやっぱり大丈夫!??
ミラノに住んでいた頃、バカンスでゆっくり海辺滞在、、、みんなアイロンがシッカリかかっているのよね。
あーーこれでは私たちの娘はみっともないわ、、、とバカンスの時は何は無くともアイロンを車に積むようになった。
けいこちゃん |  2008.12.22(月) 07:03 | URL |  【編集】

イタリア=おおらか=適当・・・では、ないんですね。
イタリアのマンマは、偉い!!
この洗剤は、日本の水だとどのランクでしょうか。一番上の少ない分量なのかな?
洗剤の香りは、どんな感じですか?
今、日本では、アメリカの柔軟剤が大人気なんですって。
できれば、エコな石鹸を使いたいけど、色がくすんできたり、臭いが残ったり・・・と、難しいです。
きんたろう |  2008.12.22(月) 05:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/551-f24842b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |