12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

OLIVE NERE IN SALAMOIA

2008.10.30 (Thu)

けいこちゃん!イタリアのおばあちゃんを目指して第2弾、
OLIVE IN SALAMOIA(オリーブの塩漬け)やってみてまーす。


マリオの家の隣の巨大空き地に数本、手入れされない
オリーボがあって、そっから実を失敬してきました。
手入れされていないってことは、無農薬~!
今年は、虫がつかない、しかも実が大きいという当たり年。
(浸けたら虫がニョニョってのは嫌ですからね~)

さてさて、やり方はマリオから教えてもらいました!
去年のマリオが漬けたのがほんと、おいしかったんですよ。
手順は・・
①10%の塩水に一ヶ月浸ける
②8%の塩水に一ヶ月浸ける
③6%の塩水に一ヶ月浸ける
1月までこんな感じで繰り返して、渋みを抜いたら
種を抜きたい人は抜く、抜きたくない人は抜かない
でもって
半日水気を抜いたら、
ローズマリーでも、ぺペロンチーノでも、ローリエでも
も~なんでも好きな香草を入れて!オイル漬しちゃいます。

そういえばコープで緑のでっかいオリーブ
(恐らくギリシャ産)が売っていたので、
それもやってみようか。
ん~でも浸け方と漬け方が違うらしい、、
マリオによると苛性ソーダで渋みを抜くって言っていたし。。
ん~様子をみてみよう。
15:51  |  目指すぞ!イタリーばあちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

渋みが抜けたら

私も干しトマトとオリーブ漬やってみたいです!
utako |  2008.10.31(金) 13:23 | URL |  【編集】

おいしそう。

私は塩水漬けのオリーブをオイル漬けにしてる。
干しトマト、ケッパー、ローリエ、ハーブを加えてね。
おばあちゃんになる訓練ね、、、楽しそう!!
けいこちゃん |  2008.10.31(金) 12:38 | URL |  【編集】

きんたろうさん

ソーダできれば使いたくないですよね、、
緑と黒ではやり方が違うようなことも書いている人もいれば大雑把にオリーブと捕らえている人もいて。。ん~奥が深いですね。。一つ、緑オリーブのソーダを使わないやり方を発見したので、緑オリーブ買ったらやってみます、また報告しますね。
mami-ko
東京でも木が売っているのですね。成長が楽しみですね、子供も、オリーボも!私も楽しみにしていますよー!
bokuさん
今まで拝見しているイメージで・・熊野だとオリーブは育ちそうな気がしますが。。どうでしょうか、周りにオリーボを植えるというのは?出来るオイルは魚料理に合うようなオイルが出来るとか。。
utako |  2008.10.31(金) 12:10 | URL |  【編集】

すごく手間がかかるんですね。できたのを食べてみたいなあ。
オリーブオイル作りの見てみたいし、ユーロも安くなったし、行きたい行きたい!
でも休みが取れません。とっても残念!
イタリアのマンマ目指して頑張ってください。
boku |  2008.10.31(金) 10:02 | URL |  【編集】

おいしそう!

うわー!本当にウタコマンマイタリアーナだわ・・・。私の憧れウタコさん。実家の母がオリーブの木を買いましたが、植木鉢に植えられた小さいもの。実が1つなれば良いくらい(笑)失敬するには、あまりに寂しいわ!
mamiko |  2008.10.31(金) 02:55 | URL |  【編集】

オリーブのアクぬき

書き込みは、初めましてです。
(宿泊先の事とお料理教室の事を問い合わせしました。)
オリーブの実のアクをぬくのに『苛性ソーダを使用する』と言う事を聞いた事があり、塩漬けだけでは、苦味が残るのだろうか?など疑問に思っていました。
が、塩だけでも大丈夫 できるんですね~!!
ギリシャ産のオリーブは、苛性ソーダを使わないとだめなんでしょうか?それとも、緑と黒の違いなのでしょうか?
今後の研究結果にも期待して居ります。
このオリーブ、食べたいですね~。
きんたろう |  2008.10.31(金) 02:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/534-6ef1bef8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |