05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

中世の街アンギアーリ散策と1400年代から続くオリーブオイル搾油所見学

2008.02.14 (Thu)

アレッツォから公共のバスを使って約45分、
人口6千人弱。
観光客も少ない城壁に囲まれた街・アンギアーリ
frantoioP1020322.jpg

城壁に囲まれたアンギアーリは高台にあります、
城壁の内側から見るトスカーナの景色は
ミケランジェロ絵画「アンギアーリの戦い」の舞台を
想像してしまうような平原が続きます

アンギアーリの街を散策した後
今でも1400年代の石臼が現役で活躍している
オリーブオイル搾油所を訪問します
frantoioP1020264.jpg

frantoioP1020267.jpg

3000年前から薬用として使われていたオリーブオイル
いつの時代も変わらない
オイル作りの基本は潰す、搾る、抽出する
潰しは石臼、搾りはこの布にオイルペーストを敷き詰め
frantoioP1020270.jpg

重ねたものに圧力をかけて搾り出します
搾り出された液体は分離機によって、
水などを取り除きオリーブオイル抽出となります
別な搾油所との違いは・・・こちら

搾油所見学の後は楽しい試食が待っています
ハーブで香りをつけたオリジナルのオリーブオイルをはじめ
この搾油所で作っているヴィンサント、
トリュフやきのこのペースト、
生ハムなど自慢の味を楽しみます
frantoioP1020292.jpg

frantoioP1020295.jpg

自家製ヴィンサントの樽貯蔵庫を見ることができます
frantoioP1020285.jpg

frantoioP1020283.jpg

ヴィンサントの酒蔵は豪華な装飾品に囲まれた
母屋につながっています
気品のある物腰のお母様と搾油所を案内してくれた息子さんフランチェスコ
frantoioP1020290.jpg


下記プランにて日本人がご案内します(バス時刻は2008年6月8日まで)
<平日:>
8:45 アレッツォ発 
9:33 アンギアーリ着 
    アンギアーリ散策1時間、街を城壁外側から見学後、
    城壁の中は自由に散策(見所お知らせと地図配布)
10:30 エキストラバージンオリーブオイル搾油所見学へ
オリーブオイル搾油所見学、ヴィンサント貯蔵庫見学
12:30 試食と試飲(軽ランチ)とお買い物
14:00 アンギアーリ発 
14:48 アレッツォ着 

<祝日>
8:45 アレッツォ発 
9:29 アンギアーリ着 
     アンギアーリ散策1時間、街を城壁外側から見学後、
     城壁の中は自由に散策(見所お知らせと地図配布)
10:30 エキストラバージンオリーブオイル搾油所見学へ
オリーブオイル搾油所見学、ヴィンサント貯蔵庫見学
12:30 試食と試飲(軽ランチ)とお買い物
14:40 アンギアーリ発 
15:31 アレッツォ着 

01:25  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

行きた~い!!

とっても素敵ですね☆
是非、参加させてもらいたいです。
アンギアーリ素敵過ぎ(*^。^*)ポッ!!
絶対、今度こそ!!
MIHO |  2008.02.16(土) 05:38 | URL |  【編集】

ここのヴィンサントは甘みが少なく、ワインの感覚で飲めます。洗練されていない素朴な田舎の味がします。
utako |  2008.02.15(金) 16:05 | URL |  【編集】

行きたいです!日本ではビンサントが手に入らなくて。それも興味深々だし。オリーブオイルもどうも違いが良く私にはわからないから教えていただきたいし、街もなんだかすてきですね。よろしくお願いします。
boku |  2008.02.14(木) 12:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/419-bfa16f1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |