05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

アンギアーリのアグリ

2008.01.09 (Wed)

アンギアーリにある今回紹介するアグリは昨年の7月に開業したばかり
元はタバコ農家でした、お父さん、お母さんの長年の夢だったアグリ経営を
会社員の息子(アンドレア)が手伝う形で実現しました
こちらのアグリは家族経営:お父さん、お母さん、おばあちゃん、息子の4人家族です
25ヘクタールの麦、ひまわり、オリーブ畑などを所有。
農業をいまでもやっている正真正銘のアグリです

よって、時々リクエストのある農業体験もできますよ。

このアグリは丘の上にあるため周りの景色が最高!
angomoya.jpg

<宿のこと>
1名様一泊からの宿泊が可能
キッチンつきアパートメント 2つ(食器からコーヒーまで揃っています)
他キッチンなし4部屋
(ベットは部屋別にタイプがあり、ダブル、ツイン各部屋には専用バスルームあり、サロンは共同) 
バスタオル、フェイスタオル、石鹸、シャンプー、ドライヤー揃っています
angheya3.jpg

angP1020056.jpg

angP1020044.jpg

angheya.jpg

angheya2.jpg

<食のこと>
朝食には自家製ドルチェ、パンと自家製ジャム、自家製ビスケット、ミルク、コーヒー、ティー、フルーツジュースなどが用意されます。
要望があればサラミや生ハムやチーズの朝食も可能(別料金)
キッチンつきの部屋では、食事は自分で作ることも可能です。
また、要望があれば家族と一緒にディナーをとることができます
自家製のレモンチェッロや友人が作ったグラッパやヴィンサントリキュールも
味わうことができるそうです
アグリは自家製のオリーブオイルを作って販売もしています
アグリ滞在中にはオーナーが栽培している無農薬野菜を自由に収穫し料理に使うことができます
angP1020027.jpg

<滞在中には…>
歩く
 アグリから歩いてアンギアーリチェントロまで10分以内
 城壁の中はおとぎの国のように小さくてかわいいまち
 angDSCF0074.jpg

angDSCF0072.jpg

城壁の外から眺める町並みはとってもロマンチックです
20080108210248.jpg

公共の交通機関で出かける
-バスを使って、ミケランジェロの生家があるカプレーゼミケランジェロ村へ
(片道バス乗車時間約25分)
バス時刻表:http://www.etruriamobilita.it/orari/SI392.pdf
  現在は生家はミケランジェロ博物館になっています。
-バスを使って、サンセポルクロへ(片道バス乗車時間約12分)
  中世画家ピエロデッラフランチェスカ生誕の地
  市立美術館には有名な数点の作品があります
車を使ってドライブ
-アッシジまで90km
-グッビオまで75km
-サンマリーノまで90km
-ペルージャまで85km
-バンニョディロマーニャ温泉まで45km
-ラ・ヴェルナ修道院まで35km
 ラ・ヴェルナ修道院はアッシジのサンフランチェスコが1213年
 に建て、1224年に聖痕を受けた地であり晩年過ごした場所
 切り立った岩の上にあります
 修道院ランチやハーブ系のお土産販売が充実しています
ファクトリーへ出かける(アンギアーリから2km)
(ワイン、オリーブオイル、ナチュラル石鹸など生産、試食試飲ができます)
http://www.ravagni.com/htm/main.htm
遊びのつもりで作ったナチュラル石鹸が好評で、オリーブオイルを使った肌クリームなども作るようになりました。上質です!
石鹸はオリーブ、赤ワイン、白ワイン、蜂蜜があり、
私はここのオリーブ石鹸で顔を洗って半年経ちました。
とてもいい感じ、値段も安いです!
ナチュラル石鹸
angP1010332.jpg

料理教室 (相談中)

<アクセス>
アレッツォからチッタディカステッロ行きバスで40分、
アンギアーリカンポアッラフィエラで降車し、歩いて5分

<プール>
暑い時期にはアグリプールが開園します
angpiscina.jpg


<動物>
ねこちゃん、わんちゃん、鶏(たまご用)数十羽、アヒル(観賞用)います
angIMG_0690.jpg

angIMG_0688.jpg


<周辺には…> 
アグリ周辺徒歩圏内にあるのは、
バール(徒歩5分)
レストラン(徒歩10分)
スーパー(徒歩5分)
バスチケットの購入できるタバッキ(徒歩5分)

<冷暖房>
暖房は、自分の森から伐採した木を焚いています
夏場のエネルギーはソーラーシステムです
メインの暖房は常についています
自分の部屋で温度を調節できるようになっています

一週間ぐらいのんびりしたくなるアグリです
00:55  |  ロレッタの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

MIHOさん

コメントありがとうございます!

また情報載せていきますので気に入ったら是非!
予定では料理教室もやってくれそうな感じ!
ノンナとマンマが料理しますよ。

春にお会いできますことを!
MIHOさんも風邪引かないでくださいねー。
utako |  2008.01.18(金) 16:47 | URL |  【編集】

Anch'io!!

こんにちは、すっかりご挨拶が遅れていまいました<m(__)m>
早々Buon annoのコメありがとうございます★

アレッツオは寒いですか?
昨日、我が地元はとっても風が強く寒い一日でした。
お風邪など体調を崩さないようにお仕事頑張ってくださいね。
今年も宜しくお願いします。また春に行くことになりました。イタリア。。。

それにしてもとっても素敵なところですね(*^。^*)ポッ!!
以前から一度、アンギアーリは訪れてみたいと思っているんだけど、
今だ実現しないので是非、行ってみたいです。
次回はここに滞在したいなぁ~
MIHO |  2008.01.18(金) 10:44 | URL |  【編集】

私も

今度はここに決めました。
とっても素敵☆です。早く行きたい!!・・・
想像してワクワク(^-^)現実に戻ってトホホ(;ヘ;)
よぉ~し!早く行けるように頑張ろう~っと。
ma-san |  2008.01.14(月) 01:57 | URL |  【編集】

動き始めたら、ここのアグリ情報を載せていきますので皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

utako |  2008.01.10(木) 10:30 | URL |  【編集】

アレッツォではお世話になりました。
アンギアーリのアグリ!本当にすてきですね。古い街並みも気になる……いつかは行ってみたいと思います。
いまだ |  2008.01.09(水) 15:18 | URL |  【編集】

今度は

ここね。決めたわ。
外食ばかりだと胃が疲れてくるのでキッチンつきは嬉しい。
春はもう色々と忙しいので秋以降に出かけたいわ。
来年はミラノ時代の友人と企画しているのでここも候補ね。
とっても素敵!!
けいこちゃん |  2008.01.09(水) 02:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/412-b51ee71d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |