12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ラウデミオ

2007.11.25 (Sun)

中央トスカーナのオリーヴ生産者組合が自ら定めた厳しい生産規定を
クリアした最高品質のオイルに付けられる称号

ラウデミオ(LAUDEMIO)

一番有名なラウデミオはフレスコバルディ社製でしょうか
ラウデミオの特徴は酸度が低いこと
エキストラヴァージン・オリーブオイルの称号は、国際オリーブオイル協会の基準で、
酸度1.0%以下という条件があるそうですが
ラウデミオは酸度0.1~0.2%など、かなり低いものとなっています。
ちなみにフレスコバルディのラウデミオは0.2%の酸度となっています。
フレスコバルディはオイルの抽出はこの冬の寒い時期、
効率的でない常温抽出でおこなっているそうです!
おいしいエキストラバージンオリーブオイルの訳がわかりますね。
加熱すればするほど、オイルの抽出は効率的になります
大手の搾油所などでは50度まで上げるそうですし。。。

イタリアの多くの家庭では2本のオリーブオイルを使いわけしています。
①フレッシュのまま使うタイプ
②料理に使う加熱タイプ
どちらともエキストラバージンオイルです、
①のフレッシュのまま使うタイプでは、
最高品質のラウデミオが一番ですね

その昔、数千年前からオリーブオイルは存在し、オイルは薬として用いられていたそうです
酸度の低いオイルは今でも薬用として用いられることがあり、
動脈硬化を防ぎ、がん予防に効き目がある、
一日スプーン一杯のラウデミオを飲むと体が浄化されると言う話を
ある搾油所の経営者が言っていました。

明日は、その搾油所でどのようにラウデミオ級(酸度のきわめて低い)
オイルが作られているかをお伝えします。

19:00  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こちらはいよいよクリスマスムード!
昨日のニュースでは今年は懐の寒いクリスマスになるでしょうなんて言っていました、お年寄りの生活に困っている人がかなり増えているとも。。借金を抱えていても家族間やカップル同士で数百ユーロのXマスプレゼントをしあうお国柄。。TVでは電化製品や宝飾品、香水、WII、プレステなど高級な贈り物とおもわれるコマーシャルが増えました。
きっとこの国も昔は質素だったのでしょうに。。。

イタリアの中でも物の値段は益々上がっています。
給料は全く上がらないのに。。
今週はいっぱ~いストライキがあるらしいです
utako |  2007.11.26(月) 09:17 | URL |  【編集】

日本では

今4300円ぐらいが定価かな?ネットで3600円台で出ているところがあるけれど。ユーロの関係でどっても高くなってしまった.イタリア米も数年前は1000円強だったのが1800円!!おっと金額の話ばかりで失礼!!
ここのオリーブオイルは本当にいいものだわ。
けいこちゃん |  2007.11.26(月) 01:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/398-ff82518e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |