12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

オリーブの搾油開始!

2007.11.08 (Thu)

11月に入り、トスカーナではオリーブ摘みが始まりました。
それにあわせFrantoio(搾油所)営業開始!
オリーブの収穫時だけフル稼働する搾油所見学をしてきました

搾油所に運び込まれるオリーブの実



オリーブは黒い実ほど熟しています
オイル抽出には緑の実と黒い実の割合は半々位がよいといわれます
この写真の時点では葉っぱが見られますが、この後
軽い葉っぱが吸い上げられ、取り除かれます。
olioP1010877.jpg

More・・・

洗浄されたオリーブが運ばれてきます
olioP1010873.jpg

巨大な石臼がオリーブを挽きます
この搾油所は、機械化がすすんだいまでも昔ながらの石臼を使っています。
とても美味しいオイルを作ることで知られる貴重な搾油所です
olioP1010868.jpg

石臼がまわっています
olioP1010870.jpg
このあとは。。
水と温度が加わって練りこみ→オイル、水、絞り粕に分別→エキストラバージンオリーブオイル抽出
このような仕組みになっています

緑色が好まれるオリーブオイル
最近では色を加える場合があると聞きますが
純粋新鮮な緑色のエキストラバージンオリーブオイルの秘密は抽出する温度にあります、
高い温度(50度近く)を加えると抽出しやすくなりますが色が黄色くなります。
この搾油所の場合、30度以下の温度で時間をかけ、ゆっくりと抽出。
このようなきれいな緑色に仕上がります
olioP1010864.jpg

搾油所のシステムは・・・
オリーブの実を持ち込み、オリーブオイルにしてもらいますが
搾油所使用料の払い方は2種類①お金で支払う②絞ったオイルで支払う
そして、オイルで支払った人のオイルを一般客に売っています
olioP1010875.jpg

一リットル8.5ユーロで売っています
olioP1010874.jpg

ピリッとした苦味が口をつっつく新オイルを味わうことは
この季節の楽しみです!
炭で焼いたパンやサラダにかけて、火は通さず生で!
この時期トスカーナへいらっしゃったら是非味わって頂きたい
季節限定の味です。

19:10  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

高温大量抽出する場合はこの低温抽出の5倍ほど仕事がはかどるそうです。
今年のこの辺のオリーブ農家から買う直売相場は一リットル当たり8.5~10ユーロのようです。
utako |  2007.11.09(金) 09:23 | URL |  【編集】

温度によってなのね。

黄色は抽出温度が高いってことなのね。
7年ほど前にレッチェの友人がやはり連れて行ってくれて工程を見学。わくわくする!!
けいこちゃん |  2007.11.09(金) 00:46 | URL |  【編集】

美味しそう~

お久しぶりです。
お元気にお過ごしのようですね♪
オリーブオイルの記事、興味深く拝見しました。
搾りたては本当に美味しそうですね。
色を加える場合があるなんてちょっとショックです。
日本ではありそうですがイタリアでも?
炭で焼いたパンにかけて食べたいです。美味しいでしょうねぇ~
日本で予約してるんですが、高いですよ~(笑)
来月到着予定なので楽しみなんです。
vinobianco |  2007.11.08(木) 17:15 | URL |  【編集】

実りの秋

次々とおいしいものが登場ですね~。
工程を興味深く拝見しました。
着色してあるものがあるなんてちょっとショックです。
じゅんべ |  2007.11.08(木) 14:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/389-ce951b98

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |