09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

APICOLTURA(養蜂) 蜂箱

2007.06.10 (Sun)

10日ほど、ぱっとしない天気が続き見送られていた興味深い体験

APICOLTURA 養蜂

昨日の晴天でやっと念願叶いました。驚きの体験です
写真は蜂箱
蜂箱それぞれに、ひとつのファミリーがあります
その構成は、女王蜂(1匹)、働き蜂、雄蜂で成り立ちます。


蜂箱の下のトレーを引き出すと、かすが落ちています。
このかすの落ち具合で、そのファミリーの様子がわかります
黒い部分が多いほど、活躍が多く見られ、ファミリーの盛大さを
語っています。
070610P1000943.jpg

上の写真を見ると青い蜂箱は白い部分が多く、
ベージュの蜂箱は黒い部分が多くなります。
ベージュのほうが蜂の量も多く、一生懸命働いている様子が伺えます
070610P1000942.jpg

トレー上に見える黄色いぷつぷつ、花粉です。
蜂が行く花によって花粉の色が黄色かったり、オレンジだったり。
蜂箱によって、花粉の色も変わっていました

明日は蜂箱を開けた様子を伝えます。


15:48  |  はちみつと養蜂  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

蜂の世界

には驚くばかり。。

働きバチさんはみんな女の子です。オスは働かず、種族保存にのみ努めます。女王蜂とだけ。。。
utako |  2007.06.14(木) 07:29 | URL |  【編集】

すごーい!

蜂さんにもそれぞれファミリーの規模があるんですねー
働き蜂さんには女の子もいるのかな?
女王蜂がたった一匹ってすごいなー。
そんな女性を目指さないとですね(笑)
 |  2007.06.11(月) 17:34 | URL |  【編集】

ひえー

すごーーい、、、の一言ね。
初めてでびっくり。

















けいこちゃん |  2007.06.11(月) 12:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/342-62b0426f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |