05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

イタリアのジェラートとチョコレート工房体験

2007.06.02 (Sat)

アレッツォから電車で約30分、丘の上の街モンテサンサビーノという
街に2月末にできたばかりのチョコレートとジェラート工房

経営者のカルロとマネージメントを担当するサラ
とっても明るくて陽気な二人です
carloP1000920.jpg

見るだけではなく、実際に参加させてくれるその内容です
1)チョコレート部門
2)ジェラート部門

***********************************

1)チョコレート部門

気温が上がり、イタリアチョコレートの消費量がぐんと減るこの時期、
なかなかチョコレート工房の稼動をこの辺では見ることができません。
そんななか、こんな時期でも、この工房ではやりたい人のために後押しをしてくれます

チョコの本場ベルギーやベネズエラやマダガスカル産の厳選チョコを使います
carloP1000904.jpg

ボールに作りたいチョコを配合し、電子レンジでチョコを溶かします
carloP1000902.jpg

商品用として販売するときはこの型に流します
ほか、パスクア用、お誕生日用、いろんなバリエーションが可能です
carloP1000903.jpg

冬の間や大量に作るときに活躍するチョコレートを好みの温度に溶かす器械
この工房において唯一のチョコ用器械だそうです
carloP1000901.jpg


型に流したチョコレートは冷蔵庫へ
10~15分もあれば固まるそうです。
こうして自分が流したチョコレートを持ち帰ることができます
アイデア次第、オリジナル製作可能です

*********************************

2)ジェラート部門

チョコレート部門の隣に10日前にオープンしたばかりのジェラート部門
びっくりするぐらいおいしかったです
carloP1000898.jpg

carloP1000899.jpg

PASTORIZZATORE(パストリッザトーレ)
という、ミルクを使うジェラート用の機械、低温殺菌します
carloP1000905.jpg

添加物の一切入っていないピスタチオの濃縮液
ピスタチオジェラートのもとです
carloP1000908.jpg

こちらの機械はMANTECATORE(マンテカトーレ)
といい、殺菌の必要のないジェラートのためのホイップ機械です
carloP1000911.jpg

練ること10分、チョコレートジェラートが出てきました
carloP1000913.jpg

最後にペペロンチーノ(唐辛子)の入ったチョコジェラート作りに
参加させてもらいました
carloP1000917.jpg

carloP1000918.jpg


材料は無添加の厳選したものを使っています
簡単でおいしいできたてジェラートを味見しながらわいわい
おしゃべりして楽しんで。
サラは少し英語を話します、カルロはイタリア語のみ。
難しいことはないので、遊びに行く感覚で楽しいですよ。

ジェラートはできたてを試食をさせてくれますよー。
15:13  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

皆様!ぜひ、どうぞいらしてくださいませ~!
utako |  2007.06.04(月) 18:12 | URL |  【編集】

ピスタチオのジェラートなんてあるんですね。
今度イタリアに行ったら食べてみよ~うっと♪
ジェラート作り&チョコレート工場見学してみみたいなぁ~
MIHO |  2007.06.04(月) 02:24 | URL |  【編集】

チョコレートにジェラートなんて、私の大好物v-10美味しいだろうな~。
今は海外旅行おあずけだけど、子供が無事に生まれて落ち着いたら絶対行きます!!
プチ |  2007.06.03(日) 03:05 | URL |  【編集】

うらやましいなあ

非常に興味深く読ませて頂きました。(先日のペコリーノのエントリももちろん)

チョコレートにジェラート工場見学なんて最高ですね。

私もエミリアロマーニャででチーズやバルサミコの生産者見学をさせて頂いたばかりなんですが、特にあんまり好んで使うわけでもないバルサミコでも実際に見せて頂いて&試食してからは、アメリカに戻って来てもますますおいしさ倍増。

チョコレートやジェラートなんて見学できたら、一体どうなることやら。次回のイタリア旅行は、ぜひジェラート見学を実現させてみたいと今からわくわくです。
ぶー |  2007.06.02(土) 03:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/338-01201f97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |