08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

FUJI

2007.03.14 (Wed)




「ふじりんご」

一般的にイタリアでも見かけるようになりました。
私のふる里、青森県が誇るこれ以上のりんごはないという究極の品種
「ふじ」

その理由
1)甘い 2)みずみずしさがある 3)日持ちがする

これに尽きます。
フジは青森県の藤崎町の農林試験場で生まれました。
名前は藤崎町(ふじさきまち)のフジから来ています。

今では世界中の寒冷地で作られ、世界で一番作られる品種にまでなりました。
なんと素晴らしいことでしょう
子供の頃から知っているフジは世界中の何処で出会っても見分ける自信があります。
肌目、つる割れ(甘いりんごにつき物)などふじ独特の表情。。

日本のフジ、イタリアのFUJI、
違うところは扱われ方でしょうか。。
山盛りにされて売られるイタリアのFUJIは傷、つるなし、つるわれまだらな日当たり、粒の曲がり。。
外見はけしてほめられたものではありません。
日本の流通にかけたら、品質価値のないものばかり。
でも味、食感はまぎれもなくフジです。
そして3kgで3ユーロです。安いのでしょうか。。。やはり。。
(金銭感覚がわかりません、最近。。)

でもフジって名前、きっと皆は富士山のふじだと思うんだろうなぁ。
それでも日本一にはかわりはないからいいとしようか。。。

ランキング参加!ポチッとお願いします
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
17:15  |  フルッタ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

vinobiancoさん

から「フジコメ」(ふじのコメント)いただけて心強いです。蜜入り5kg、3500円とはいい値段ですね。でもおいしいのだろうなぁ。。
数十年前、学校帰り、自転車に乗りながら、木からもぎ取ったパリッとしたりんごの味が忘れられません。

メロン!はイタリア最高ですね。安くて甘い!ア~メロンの夏が待ち遠しい。
utako |  2007.04.02(月) 16:46 | URL |  【編集】

「ふじリンゴ」がイタリアにあるのはちょっとビックリしました。無知ですね。(^^;)
でも青森の「ふじ」は世界一ですよね!
毎年、弘前のいとこが送ってくれますが、りんご園から直接取り寄せもしています。
贈答品ですが5キロ、3500円です。勿論、蜜も入っていて形も整ったものですが・・・
3kgで3ユーロはメチャクチャ安いです。(笑)
日本は野菜も果物も高いと思います。
昨年、フィレンツェの市場で買って食べたメロンが安くて美味しかったので感激しました。
味は夕張に負けてないし・・・
vinobianco |  2007.03.29(木) 18:20 | URL |  【編集】

調査

ありがとうございます。
東京と比較すると、幾ら無選別のイタリアとはいえ、こっちがはるかに安いのですね。。

あ~私の地元では。。道路わきにある無人販売のりんご。
4個で100円。ってことで、産地と比較すると、安いんだけど、北イタリアりんごの産地ではやっぱりアレッツォよりも安いのでしょうねー。
utako |  2007.03.15(木) 15:26 | URL |  【編集】

先程

生協のチラシで値段を調べたところ、900グラムで398円とありました。ということは3キロで1200円以上、、、3ユーロは480円ね。あーーー!!
けいこちゃん |  2007.03.15(木) 01:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/305-287800ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |