01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

アーティチョークのさばき方

2007.02.18 (Sun)

先日、(ブログ)マンジャーレ!ジャッポーネのはるか36さん
から、アーティチョークはどこまで食べられるのかという質問コメントを頂きました。

その質問にお答えする日がやってきました!


More・・・

まず硬い葉っぱ(?)をぐるっと2周分、手で剥ぎ取ります。

2周終えても、まだ硬いようならもうちょっとむしります。
ガンボ(茎)はお好みですが、とってもおいしいので食べることにします。
5cmほど残して茎をカット。←なんで??出来上がる料理に関係していますよ!
DSC01029.jpg

茎の筋張った緑の部分をナイフで落としてしまいます。
実際食べるのは、白い部分。本来の姿に比べると、とってもスリムになってしまいました。
DSC01030.jpg

上の硬い部分をカットします
ナイフは中心に向かって斜めに入れる感じ。
こんな感じでお掃除は終了です。
放置しておくと黒くなりますので、レモンを直接すり込んだり
レモン果汁が加わったの水に浸しておきます。
DSC01032.jpg

さあ!調理
イタリアンパセリ、ニペテッラ(ミントの一種)、にんにく
をみじん切りにし、塩、こしょうを加えます。
DSC01043.jpg

楽器のシンバルを打ち合わせるようにパンパンとアーティーチョークを
開かせます。中にハーブを散らし、埋め込みます。
DSC01046.jpg

鍋にオリーブオイルを敷いて逆さまにしたアーティーチョークを
並べます。蓋ができるように、ガンボ(茎)は一定の高さでカット!
DSC01047.jpg

水も少し加えて、ぐつぐつゆっくり蓋をして火を通します。
茎の部分にフォークがす~っと通るようになったら出来上がり!
すっごくおいしいです。しかも栄養満点!
DSC01053.jpg


ランキング参加始めました!ポチッとお願いします
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

タグ : アーティチョーク

15:58  |  イタリアの食  |  Trackback(1)  |  Comment(8)

Comment

こちらこそうれしいコメントありがとうございます!
結構難しいと聞きますがすごいですねー!
日本でアーティーチョーク!

こちらでは旬の時期10本で5ユーロくらいで手に入るのでバサバサ切り落としてももったいない感は少しですが日本は高いと聞きますものね。。ましててしおにかけて育てたときには・・・希少価値ですものね、、捨てる部分を煮てその汁を飲む方法もあると聞きます。よくは知らないのですが
体にいいと聞いたことがあります。
utako |  2008.09.22(月) 19:30 | URL |  【編集】

今年初めてアーティ・チョークを畑で育てました。
種を取り寄せて、苗にして。。。

幼い頃、TVのQP3分クッキングで観て、
ずっと自分で育てて、食べてみたかったんです!

ぐんぐん元気に育ち、すごく綺麗な青紫色の花を咲かせてくれました!

蕾は、もったいなくて結局食べられませんでしたよ♪

苗の脇から、今、元気な次の新芽が発芽しています。


大切に育てて、来年は、教えてもらった方法で、
美味しくお料理してみたいと思っています。

教えていただけてありがとうございます。

chiecororine |  2008.09.22(月) 08:09 | URL |  【編集】

追記

うれしくなって、ワタシのblogにそのままリンクさせちゃいました。
それと、
utakoさんの非公開コメントに、ついさっき気がつきました。
わざわざありがとうございました。

はる |  2007.02.20(火) 07:19 | URL |  【編集】

ほほぉぉー・・・感激

詳しい解説、すっごいありがとうございます。
はるか36です。
まず日本の一般家庭では生ではお目にかかることはないのですが、
もしもの時のために、このページを記録しておきます。
つまり、お皿にのっている完成品(最後の写真)は、
すべて食べられるということですか。

日本の野菜でいうと、
タケノコくらいの食べられる率、、、ですかね。
はる |  2007.02.20(火) 06:37 | URL |  【編集】

冬です。

旬は。秋から出回りますが、高いですねー
今は、メルカートでも10個で5ユーロで手に入ります。

この時期、オイル漬けにしておいたらいいんでしょうが。。
一年中食べられますね。
utako |  2007.02.19(月) 13:03 | URL |  【編集】

アーティチョークって大好き☆彡

でも、食べるところってホントに少ないですよね。
食べるとしたらいつもリゾットばかりだったので
たまには違った風に食べてみたいです。

扱い方、すごく勉強になりますね。
(._.) φ メモメモ
アーティチョークにもちなみに旬とかあるのですか?
miho |  2007.02.19(月) 08:30 | URL |  【編集】

ちょっぴり

なんですよね。。。食べられる部分。
私も大好きです!

実は私は、生のほうが好きで、この写真の掃除中も一人で
ゴミになった部分を前歯でガリガリやっていました。
あの口に残る渋みと不思議な食感がやめられません。
特に生のコリコリガンボがだ~いすきです。
utako |  2007.02.18(日) 13:06 | URL |  【編集】

これもね

19年前に初めて食べて、、、、家で想像で作って口の中がじゃりじゃり、、、週2回やってくるお掃除のおばさんに聞いたら、、、シニョーラ、、えーこんな部分も食べたの?、、こうやって剥いて、、、と教えてもらって初めて知った。
本当に中はチョットなのよね。でも大好き!!
けいこちゃん |  2007.02.18(日) 12:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/281-386d540d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

アーティチョーク グリーングローブヨーロッパの市場では、かご一杯の食用の大きな蕾が売られている光景を良く見かけます。食用としてだけでなく、お庭に植えると大きなシルバーリーフがアクセントになります。高さ1.5mくらいで、青みがかった銀葉は大きく分裂し、下面には
2007/08/11(土) 08:58:56 | ハーブが最高によかった

▲PageTop

 | HOME |