03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

初体験のVENDEMMIA(葡萄の収穫)

2006.10.08 (Sun)

トスカーナで9月から始まった葡萄の収穫は
いよいよ最終段階のサンジョベーゼ種の収穫で幕を閉じようとしています。
先週の日曜日、家庭レベルのワイン作りに私も参加してきました。
私の同行したイタリア人家庭ではブドウ畑を持っていません。
畑を持っている人のところへ行き、100kg単位で買う仕組みです。
一年分の消費量、また去年のワインの残量を考えながら、好きなだけ
葡萄を買うことができるというのは無駄のないとってもいい仕組みです。
結局、400kgの葡萄を収穫しました。
(約100~130本くらいのワインになる予定)
たわわに実った甘い葡萄をつまみながらとても楽しい経験でした。
労働というより、楽しい経験で済んでほっとしています。


More・・・

収穫した葡萄
vendemiaDSCF0004.jpg

ヴィンサント用のマルバシーア種
vendemiaDSCF0006.jpg

運び込んだ葡萄、房から粒の状態へ
vendemiaDSCF0011.jpg

取り外される枝?(なんていうのでしょう)
vendemiaDSCF0012.jpg

果汁と果皮、種が一緒になっています
vendemiaDSCF0015.jpg


このまま放置すると果汁は下へ、果皮が上へ上がってきます
うまく発酵させるためには、かき混ぜる必要があります。
一日2~3回、ホースで下の果汁を上に上げ、かき混ぜ棒?で果皮を下に下げます。
この作業が家庭レベルの軽いワインで約一週間続きます。
その後、果皮は取り除かれ樽やdamigiana(大瓶、耐酸瓶)に移されます

今年のワインはどうなのでしょうか。楽しみです。
14:53  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

作り方

豚肉のひれ肉を小麦粉でまぶします
それを大目のバターでゆっくり焼いていき、緑こしょうを加えさらにソテーします。いい感じになったところでリキュール登場。蒸発するまで火を通します。うまうま。これはcuocaさんのまかない料理です。
utako |  2006.10.09(月) 12:18 | URL |  【編集】

うーん

バターとリキュールと緑胡椒!!
明日早速やってみよう。でもビンサントは今ないなー。そうだ近所にかなり揃っている酒屋が。それと新鮮な緑胡椒も手に入れなくては。
大変大変!!Grazie.
けいこちゃん |  2006.10.09(月) 11:56 | URL |  【編集】

やはり!

昨日、ある人が料理したおいしい豚肉料理があってそれに使ったそのリキュール飲ませてもらったら、マルサラ酒の味だったのですよ。でもそれはマルサラ酒ではなく南のワイン色のなんかだったのですが(名前を忘れてしまった。。)その人が言うのには豚肉はヴィンサントともよく合うと。バターとリキュールのソテーに緑こしょう、目からうろこの新鮮な味でした。
utako |  2006.10.09(月) 09:41 | URL |  【編集】

私はね。

マルサラ酒を常備しておいてよく豚には使います。サルテインボッカなどにも。あとはあっさり白ワインかな?
けいこちゃん |  2006.10.09(月) 09:19 | URL |  【編集】

>shunkanさん

ご無沙汰してました。この風景はshunkanさんの切り絵とよく合いそうですね。秋の色が濃く加わればなおさらいい感じ。トスカーナは寒くなりました。2日前、フィレンツェへ行き、マンニーナの靴屋さんの前を通りました。shunkanさんの精巧な絵を思い出しました。

>けいこちゃん
インターネットのお陰で私はイタリアにいるようなものです。
便利ですね。けいこちゃんともお話できるし。ところで豚肉をソテーするとき、お酒を使うとしたら何を使いますか?


utako |  2006.10.09(月) 06:34 | URL |  【編集】

これをね

来年は体験するぞーと心に誓っているところ。私がまだ、家族でミラノにいた頃は情報収集の方法(要するにインターネットがない時代)本当に残念。子供達に経験させたかったってとっても思う。それにしても
根気の要る仕事ね。
けいこちゃん |  2006.10.09(月) 00:35 | URL |  【編集】

いいな、葡萄の収穫。
まだ切り絵で風景画を作ってた頃、収穫の風景を作ってみたかったけど、農家の人に知り合いがいなかったからやれなかったんだよねー。機会があったら連れてってくださいませ。
shunkan |  2006.10.08(日) 11:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/201-81a415cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。