05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

人気の高級チョコレート本店へ

2006.08.15 (Tue)

フィレンツェのお店は夏はおいしいチョコレートジェラート、
冬はホットチョコのうまい店として日本の雑誌等でも紹介される
知る人ぞ知るチョコレート専門店、ヴェストリ。
アレッツォに本店があります。

★店内の壁一面に広がるチョコレートストーリー
チョコレートで描かれています
ciocco7.jpg

More・・・

添加物を一切使わないこの「安心最高級チョコレート」。
チョコの生産に適さない夏の間は生産数はほんのわずか。
いよいよ秋、9月の中旬から本格生産開始です。
(といっても大量生産というわけではありません)
中米はサントドミンゴにカカオの自社畑を持ち、
厳選したカカオで丁寧につくられます。

材料はカカオ以外は全てイタリア産の厳選したものを使用。
例えばオレンジはシチリアから。
煮詰めたオレンジは一つ一つ丁寧にチョコレートがけされます。
できたてを頂きました。
オレンジのさわやかさとチョコレートのほろ苦さ、
素材が生きていました
ciocco5.jpg


下の写真は、高級手作りチョコレートの試食です
コーヒー味、ペペロンチーノ、ナッツ等6種類、
普通の市販のチョコレートとは全く違い、
コクと共に口の中で自然に溶ける今までにない感動です。
「これがほんもののチョコレートなんだー」
自分の家族にも食べさせるものだから、安心できるものしか作らない。
と言っていた社長の言葉が印象的でした。
ciocco3.jpg


一キロ40ユーロで量り売り、とっても素敵な箱に入ります。
ciocco2.jpg

ciocco1.jpg


チョコレートの製造工程を見ながら、
日本では未発売のイタリア最高級チョコを味わう!

現地でしか味わうことの出来ない楽しい経験です。
16:00  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

Palloncino!!

だと思う。Archechengiというのもあるけれど専門用語っぽいでしょう。つい名前を読まず、、あー、、ほおずきだ!!と叫んで買っているのでごめんなさいね。先の丸いところだけチョコレートでコーテイングしてあるの。酸味とチョコの甘味がなんともいえず大人っぽい味!!10月には売り出していた気がする。是非大人のうたこさん、食べてみてね。
けいこちゃん |  2006.08.16(水) 09:03 | URL |  【編集】

ほおずきちょこ?

イタリア語ではなんというのですか?けいこちゃんお勧めとあらば検索してみなくては!で食べなくては!これから見かけることができるのですね。秋。。。最近は過ごしやすくて(涼しくて)なんか変な感じです。もっと夏続くんじゃなかったの~という寂しい気持ち。観光にはちょうどいい感じです。

>takeshiさん
ヴェストリ本店は郊外です。バスで行くか車になりますね。後はフィレンツェのお店には日本人の店員さんもいるようなので(情報は古いかも?)おみやげの相談にも乗ってくれるようですよ。

>michikoさん
お元気ですかー。弘前のラグノオにもりんごのチョコがけありますけどフルーツとチョコはよく合いますね。
ここのチョコは絶品です!保存料が入ってないので、残念ながら、日本では手に入らないもの。今度是非!
utako |  2006.08.16(水) 07:37 | URL |  【編集】

ヴェストリって、アレッツオが本店だったの?(~o~)
数年前にボローニャのチョコに出会ってから、すっかりイタリアのチョコのファンなんですよ!
恐るべし、イタリアの食文化!ですよね~笑
お写真のシチリア産のオレンジのチョコレート、食べたいです♪
今度、お店をの場所を教えて下さいね!
michiko |  2006.08.15(火) 20:03 | URL |  【編集】

このチョコレート屋ってアレッツオのどこにあるのー???
夏は持って帰れなかったけど、冬に行くときはかってかえろーっと!
 いつ行けるかわかんないけどねー。
takeshi |  2006.08.15(火) 11:32 | URL |  【編集】

イタリアのチョコレート!!

イタリアへ行くとお土産によく持って帰るのだけれど、かならず言われるのが、、、イタリアってチョコレート美味しいんですね、、、と。ベルギー、フランス、スイスのイメージが強いのね。ミラノで秋から冬に出るほおずきのチョコレートも好物。壊れないよう気をつけて、日本へ。今度はこのチョコレートもね!!
けいこちゃん |  2006.08.15(火) 08:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/188-1b376d93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |