05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ポルチェドゥ サルド (子豚の丸焼き)

2006.08.05 (Sat)

昨年も一度子豚の丸焼きを紹介しましたが、

夏のこの時期、こんな感じでポルチェドゥ・サルドが復活です!

畑の真ん中に火を起し、炭火でじっくり4時間

子豚は丸焼き?ではなく串焼きになりました。
ポルチェドゥ サルド 

More・・・

ポルチェドゥ サルド 

ポルチェドゥ サルド 

串から取り出した子豚はサルド(サルデーニャ出身)のジョバンニに
よって一口大に切られます。
鋳造の仕事をしている彼だから、火から取り出してすぐ素手で掴んで
切ることができます。
炭火の柔らかい火といえど、もちろん100度以上はあるでしょう。
すごいです。。
ポルチェドゥ サルド 

さて、味付けは塩を振りかけるだけ。
とにかくお肉が柔らかく、自然な味。素材をいただくと言う感じです。
ハーブも何も加えず、肉をシンプルに味わいました。
完璧美味でした。
15:23  |  セコンドピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

農家から!!

買い取るなんて最高の贅沢。では、何を用意してもらおう。
けいこちゃん |  2006.08.06(日) 10:20 | URL |  【編集】

なんでもやりますよ!

このポルチェドゥは友人の家で集まってやったものです。私の企画ではありませんでした。
だがしかし、
ご要望があれば可能な限りの食用動物をご用意できます。うさぎ、鶏、アヒル、はと、子羊、子豚などなど。農家から買います。最高、贅沢な味です。
utako |  2006.08.06(日) 09:07 | URL |  【編集】

エー!うたこさんのところで?

このお料理頂けるの?
昨年、サルデーニャの大学の下見と教授に挨拶を兼ねて出かけ、カリアリ郊外のb&bでそこのマンマが焼いてくれたの。これはサルデーニャで育つどんなに大きくても5,6キロの豚で、、と教えてくれて娘とその友達と3人でその味に大感激!!秋に出かける夢がどんどん膨らむ、、。
けいこちゃん |  2006.08.06(日) 08:17 | URL |  【編集】

いいですねー

いわれて見れば一枚目の写真
豚・・・→・・・鱒
にしたら日本でもやってますねー。
串刺しのまま、かぶりついて!
あ~食べたい。。
utako |  2006.08.05(土) 16:12 | URL |  【編集】

串焼きといえば

釣った鱒を塩だけで味付けし、囲炉裏で焼いて食べたことを思い出します。おいしかったなあ。
それが、子豚なんですよね。
うーむ。おいしそう!

forchetta |  2006.08.05(土) 09:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/179-032bd927

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |