07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

髄膜炎②

2016.04.01 (Fri)

トスカーナ・アレッツォ在住の日本人の友人から、
「髄膜炎の予防接種は予約もいらず、ホームドクターがその場ですぐ打ってくれますよ!」
と聞いたので、昨日、主治医のもとへ行ってきました

他のイタリア人たちからは2-3か月待たされるみたいとも聞いていたのですが
すぐやってもらえるならば、ラッキー

でも
どういう意味かよく分からず、行って納得・・・

44歳の壁ありました・・・

44歳までは、髄膜炎予防接種C型、
無料でホームドクターがその場でやってくれるそうです
私のようにそれ以上の場合、予防接種事務所
に電話し、予約、そして、料金は24.07ユーロだそうです

主治医に「あなたもっと若いと思っていたから、電話で来なさいと言ったけれど
無駄足になっちゃったわね」・・
ぐっとこらえて愛想笑い
「お金は払いますから、なんとか、いまここでやってもらえませんか?」
(マフィアんちっくなお願い・・・)
残念だけど、、リストに載っちゃうから、何にもできないとのこと、、

2時間も待たされた挙句。。。の出来事

今朝、予防接種事務所に電話、
なんと、、なんと、4月8日にキャンセルが出たそうで、そこにいれましょうかと
優しいお言葉
ということで、4月8日にワクチン打つことになりました
普通に待ったら、3か月は待たされたようです

さて、主治医に、
旅行者は予防接種してくる必要ありますか?
と聞いたら、「いらないわよー」
「話が大きくなりすぎちゃってるのよ。」といってました
一番大事なのは、人込みの中にいないこと。
、「ディスコ」のような密室に
人がいっぱいいるところは、行かないほうがいいそうです

外にいる分には、全然気にしなくていいと。
私たち医者と医者の家族は誰も予防接種してないわよ。
私だってしてないわ!と主治医が言ってました
ま、お医者さんたちは、
すぐわかるでしょうから、すぐ適切な処置もできるでしょうから。。

リボルノに着いた船から、伝染が始まったといわれているそうです
様子をみながら、また情報をお伝えします
14:13  |  イタリアのお薬と病気  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1699-3c026ca2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。