08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

コルトーナ シラー代表格のワイナリーツアー

2015.06.16 (Tue)

以前お伝えしましたコルトーナのシラーワインを生産する
ワイナリーへ行ってきました  ワイナリーの中の様子はこちら

マネージャーのマッシモと一緒にブドウ畑見学のため農道を歩きます


お屋敷の外、見渡せる景色はすべて、この農業会社の土地
全部で110ヘクタールの所有、約半分はブドウ畑、20%はオリーブ畑、残りは
小麦、ひまわりなどを生産
20150616012.jpg

20150616011.jpg

今年の春に植えたという、ビオニエ 
20150616007.jpg

土壌は、粘土質 
夏は、水はけがよく、冬は水を含む性質があるそう
夏の間、ブドウは水を探して地下100mまで根を下げるほど
夏のストレスが、ぶどうをおいしくする決め手
大昔、海だった場所が隆起したため、土壌はミネラル分も豊富
20150616008.jpg

雑草がボウボウの畑 、この苗木は15年もののシラー
大事なことは、実を葉っぱで隠して、直接日光が当たらないように工夫すること
そして1本の苗木につける実の量も、かなり低めにコントロールしています
BIOというラベルはつけていないにしても、すべて無農薬
どんな雑草が生えているか?、畑の健康度を知ることができるんだとマッシモ
そろそろ雑草は刈る季節、だけども切った雑草は土の上に置いたまま
肥料になるのだそう
20150616009.jpg

20150616010.jpg

さてさて、畑見学の後は、テイスティングルームへ
今回は、生産されるすべてのワイン(6種類)をテイスティング
白2本、赤4本です
白はビオニエ、赤はシラー、という品種はシンプルなワイナリーですが
驚くことは、すべてのワインにしっかり特徴があります 
どれも、おいしいです。完璧!土壌の違い、木の年数、畑の向き、熟成年数。。
自然の条件と技術がもたらす、すばらしいワインばかりでした
20150616019.jpg

20150616015.jpg

ワイナリーのあとは専用車で、コルトーナの町でランチ
次回、お知らせします~
20:23  |  コルトーナ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1594-1a551054

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |