05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

コルトーナプラン ①ワイナリー

2015.05.08 (Fri)

ローマとフィレンツェの移動中車窓から見えてくる
丘の上の気になる町  コルトーナ

エトルリア人によって建設されたトスカーナで最も古い街のひとつです


街のことはまた次回とし・・・

今回は、列車を途中下車し、
コルトーナのカムチア駅から専用車で10分のワイナリーのご紹介

列車の到着にあわせ、専用車がカムチア・コルトーナ駅にて待機
スーツケースは駅のバールで預かってくれます(チップ2ユーロ/お一人様)

総面積110ヘクタール、数々の賞を獲得した
上質シラー種ワインを生産するワイナリーに到着

母体となるマンツアノ農業会社は1700年代から
キアナ渓谷の歴史上、重要な存在

広大な所有地の中にあるお屋敷においては、歴代、貴族や
100年前のイタリア初の国会議員メンバーが所有という
由緒ある歴史を持ちます

残念ながら、お屋敷の写真は撮り忘れましたが、
完璧に手入れが行き届いたエレガントで
リバティな雰囲気のお庭の写真紹介
20150507IMGP5944.jpg

20150507IMGP5939.jpg 20150507IMGP5940.jpg

20150507IMGP5945.jpg 20150507IMGP5935.jpg

庭園の近くにワイナリーがありました
ワイナリーを所有するローマ出身の一家は、1967年、
マンツアノ農業会社から100ヘクタールのブドウ畑を購入し、
コルトーナに引っ越します

1988年、エノロゴ・アッティリオ・シェンツァの元、
最適なぶどう品種を見つけるため
たくさんの種類のぶどう苗を、5ヘクタールに植え付け、
4年の研究を続け、結果、
最上の出来で馴化できた品種がシラーでした
シラーは、
シラーは、コルトーナの乾燥した空気とトラジメノ湖からの最適な湿度
と大変相性がよく、コルトーナならではの特性を示す
極上ワインとなりました。

樽貯蔵庫は歴史の重さを感じる創り
20150507IMGP5937.jpg

20150507IMGP5936.jpg

20150507IMGP5938.jpg

さて、このワイナリーで製造する6種の(赤4本 白2本)のうちの
ベースになるワインをテイスティング

赤:シラー100%
若いぶどうから作られるこのベースワインでさえ、すでにエレガントさがしっかり!
ほかの熟成タイプはいったいどんな味に仕上がっているのか?興味津々
このベースのワインでさえ、6年は問題なく持ちこたえるという力のあるワイン
色は輝きと深みのあるいわゆるワインレッド
香り、味は、森系
ブラックベリーなどの果実、バルサム、スパイス、甘草(根・リクイリツィア)
どんなときでも(ランチでも、ディナーでも)、どんな料理とも合いそうなワイン
20150508031.jpg

白:ビオニエ100%
やはり、ビオニエ(フランス産白ぶどう品種)も研究の結果、
コルトーナの土地と最高に相性のよいの品種ということ
香りは、開花し始めのジャスミンの花のようなフレッシュさ
(満開時のような甘い香りではない)
ミネラル感も感じるし、香りと酸味のバランスがパーフェクト
口に含んでいるとき~後味まで、さっぱり感が持続
味、香り、ハーブ系も感じます!
アニスや野生のフェンネルはもちろん、ちょっとミントっぽいさわやかさも。
シャルドネばかりに慣れてしまうと、
「お~明らかに違うぞ!いい感じ~
20150508003.jpg

さてこちらのワイナリーでは
こんな素敵な雰囲気の中テイスティング
20150507IMGP5946.jpg

テイスティングコースは
①イージー2種(上記のベースワイン)
②スタンダード3種(ベース2、熟成赤1)
③クルー3種(ベース1、熟成赤1、白1)
④グランクルー4種(ベース2、熟成赤1、白1)
⑤オールイン
 6種ワイン(赤4、白2)+ライトランチ
 ※ライトランチは通常、ブルスケッタ+プリモ1品かセコンド1品

食事が入る場合、
レストラン内でテイスティングが可能です~
20150508IMGP5943.jpg

20150508IMGP5942.jpg

テイスティングの後は、敷地内の散策も可能
手入れの行き届いたプールと農地
20150507IMGP5933.jpg

20150507IMGP5929.jpg 20150507IMGP5931.jpg

カムチア駅からほんの10分で車の音も聞こえない
すばらしい景色が広がりました
こういう環境だから、おいしいワインができるんだなぁ!
と納得でした

このコルトーナワイナリー、お勧めです!!

シラーのブドウ畑、写真撮り忘れました、、
また今度、報告します)

タグ : コルトーナ シラー ビオニエ

10:46  |  コルトーナ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1578-a1775647

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |