07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

亜硫酸塩(Solfito ソルフィート)無添加ワイン

2015.03.15 (Sun)

アレッツォ、キアナ渓谷にある、フラッシネートワイナリーで
新しいワインが加わりました

「PODERE DEL VENTO 2012」(風の農園)
キアナ渓谷の葡萄畑に吹く風をイメージさせるネーミング



ラベルの赤帯には、SENZA SOLFITI AGGIUNTI (亜硫酸塩無添加)
の文字
20150315IMGP5743.jpg

フラッシネートワイナリーのエノロゴさんは
イタリア・エノロゴ協会のプレジデント
リッカルド・コタレッラ氏
(カタカナで検索すると、日本語の情報がたくさんでてきます
とっても有名なお方のよう)
世界的にご活躍されているようです

コッタレッラ氏が10年前から手がける
WRT(Wine Research Team)というプロジェクトは、
酸化防止剤や防腐剤を一切使用しないワイン造り
これに、フラッシネートワイナリーも参加しています

イタリアの家庭レベルでは、自家用としてワインを造る場合
SO2(二酸化硫黄)を加えないワインが日常のように飲まれますが、
ボトルによって、ヴィネガーの手前って味もよくある話・・・
(一本、一本、微妙に味が違ったりします)
ワインは、味噌のように最終的にできるものではなく、
過程の産物。。。
人間の手をうまい具合に加えないと、安定した状態を保つことは難しい。。
なにも加えないということをラベルにドーンと書いて、製品化するのは、
とても珍しいらしいです。

今後、こんなワインがたくさん増えること祈っています~。

全く何も加えないワインが、日本に入ることができるのか?
わかりませんが。。
17:42  |  フラッシネートワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

突っ込みのご質問、ありがとうございました

2枚目写真の赤帯の下
contiene quantita' minime di solfiti prodotte dalla sola naturale attivita' dei lieviti( 自然発酵だけによる微量の亜硫酸塩を含む)に書かれていますよう、全くないわけではないので、普通のワインと同じ感覚で飲めます

ぶどうの皮に付着する酵母は、アルコール発酵(糖→アルコールに変化)の副産物として二酸化硫黄(SO2)も生成するので、完璧なぶどうで、衛生面をはじめ、環境が整っていればいれば、自然に任せるその分で、品質保持は可能なようです。

確かに、SO2は、品質はいろいろあるのでしょうね。
安いワインをたくさん飲むと、気持ち悪くなってくるのは品質の悪い
それのせいでしょうから。。
Utako |  2015.03.16(月) 09:46 | URL |  【編集】

劣化は?

酸化防止剤を入れないと劣化が早くなりません?
①長期保存に適さない
②コルクを抜いたら24時間以内に飲まないと
 劣化してしまうとか....

高級ワインで使う酸化防止剤は、これも
高級なのでコルクを抜いてから数時間で
酸化防止剤は飛んでしまうから大丈夫と言う
ソムリエもいましたが...どうなんでしょう?
ローマナビネット |  2015.03.16(月) 00:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1550-cd73ec08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。