09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ワイナリー・パラッツォ ヴェッキオ

2015.02.20 (Fri)

コルトーナのカムチーア駅から車で約20分、
ヴィーノ・ノービレ ディ モンテプルチャーノを造っている
パラッツォ・ヴェッキオというワイナリーへ行ってきました

ワイナリーの周りは、まるでオルチャ渓谷のよう
晩秋に撒いた麦から芽がでて、すっかり緑色
春はそこまで来ています


20150220IMGP5686.jpg

家族経営のワイナリー、上質のワインを中心に
年間約5万本の生産、ワインは、赤のみ5種類+ヴィンサント
20150220IMGP5638.jpg

20150220IMGP5685.jpg

1300年代の豪農屋敷をそのまま、ワイナリーとして使っています
この建物、元々は、フィレンツェのインノチェンテ養育病院所有だったそう
今の経営者家族は、お爺さんの代に、このポデーレ(農場)を買ったそうです
所有ヘクタール数は約90、ブドウ畑だけで、29ヘクタール。
20150220IMGP5670.jpg

丘の上(標高330m)の屋敷を頂点にして、ブドウ畑は斜面沿いに
360度広がり、靄がかかっていない晴天の日はモンテプルチャーノがみえます
ミネラルが豊富で、水はけがよい土壌
20150220IMGP5639.jpg

ブドウの品種は、サンジョベーゼ、カナイオーロ・ネーロ
マンモロと在来品種ばかり、あとはシラーを少し

ブドウの葉っぱや、実がどう違うのかを見学に来る人に見てもらうため
4~5苗木ずつ、いろんな品種を一箇所に集めて植えていました
20150220IMGP5652.jpg 20150220IMGP5650.jpg

20150220IMGP5649.jpg 20150220IMGP5654.jpg

20150220IMGP5647.jpg 20150220IMGP5646.jpg

ワイナリーの中
20150220IMGP5657.jpg

熟成樽庫
20150220IMGP5658.jpg

20150220IMGP5663.jpg

元々はキアナ牛の牛舎だったところが、いまはテイスティングルーム
兼予約制のレストラン
20150220IMGP5671.jpg

このテイスティングルームの上には、こんなスペース・・

マリアルイザ(経営者娘)は、ミラノで舞台装飾をやっていた芸術家
(写真右:こんな感じで)ヘラでペンキを削って、数百年前の模様を浮き上がらせて。。
20150220IMGP5672.jpg 20150220IMGP5673.jpg

こんな素敵な手描きの壁 色が素敵!
20150220IMGP5675.jpg 20150220IMGP5674.jpg

ボロボロのソファー。。
20150220IMGP5676.jpg 20150220IMGP5677.jpg

明り取りの窓から、お日様がはいり。。
隣の部屋では、壁の色と自然光がやわらかい雰囲気を作ってました
20150220IMGP5678.jpg 20150220IMGP5680.jpg

20150220IMGP5679.jpg

舞台の中にいる気分でした、
希望があれば、この不思議空間での食事も可能だそうです

上記の写真はほんの一部。なんだか不思議な小物も不思議に飾られ
しかも調和が取れている、、ヨーロッパのインテリア雑誌の中にいるようでした。

今回のワイナリー
PALAZZO VECCHIO
ワインテイスティングは、基本8名さま以上、
ディナーは、最少人数で4名さま以上からだそうです
20:55  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1538-edb1c640

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |