07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ストーブ購入計画 ①暖炉のこと

2015.01.10 (Sat)

アレッツォ郊外に引っ越して約11ヶ月経ちました

住んでいる家は、第二次世界大戦で爆撃も受けたという
1800年代の家(修復済み)

家の冬の暖房は、ガス式のスチーム暖房と暖炉です

イタリアはガス代や電気代がものすごく高いので、冬の暖房については
工夫が必要。情報交換しあいます

石油ストーブがほとんどないこの国において、
家を暖めるための燃料は
ガス、薪、木質ペレット、オリーブの種などなど。。
(エアコンのような電気暖房は小さい環境はいいですが、、威力が足りない。。)

暖炉について
良い点
①火が間近で、リラックス気分満点
②炭で調理ができる 炭焼きのキアナ牛は抜群!
20150110IMGP4682.jpg



残念な点
①火が安定するまで時間がかかる
 (その点、木質チップは、すぐ部屋が暖かくなる)
②熱が煙突からででってしまうので、近くでないと暖かくない・・
 (だから、猫も火に近寄ってくる)
③すぐ燃えてしまう・・・
  1日中起きている間、暖炉をつけたら、100kgは簡単消費
  100kgの木(乾燥もの)の値段は、12ユーロほど
  10時間として、1時間180円の暖房代
④常に火の世話が必要
⑤掃除しても、灰ですぐ家が汚れる

ということで、
暖炉はエレガントですが、生活向きではないことは確か。。

今年の冬までに、いろんな燃費のいいストーブをみて
次回の冬に備えよう!と思います

さてさて。。

家からアレッツォのチェントロまで約6km
用事や買い物には、ほとんど自転車で出かけます
その間には、松があり~~松ぼっくりがポコポコ落ちてまして、
恥ずかしげもなくガンガン拾う~!

今日の収穫
20150110IMGP4881.jpg

26個のでっかい松ぼっくり

20150110IMGP4884.jpg

ポロポロ松の実(殻つき)もでてきます
20150110IMGP4886.jpg

なんと松ぼっくりは、自然の着火剤

スーパーではディアボリーナという、石油系の着火剤売っていますがとっても臭い。。

松ぼっくりは、油をたくさん含んでいるそうで、
ほんと長いこと燃えています、そしていい匂い
昔の人は、着火剤として、売って歩いたらしいですよ
17:07  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

きんたろうさん

コメント、ありがとうございます!
理想は、少ない薪で、遠赤外線のど~~んとした温みで、同時調理(鍋とオーブン)ができるやつ。しかも、その熱を、上の階にも送風口でつたえる。いくらかかるんだろうか(泣)。。じいちゃんも使っていただるまストーブが懐かしいです。私も湯たんぽ大賛成~!!
Utako |  2015.01.11(日) 07:14 | URL |  【編集】

松ぼっくりで着火。暖炉も残しつつ、より暖かい家へ。いいですね~。
うちは、鉄筋コンクリートの築45年の家なので、家の中が寒い~。外の方が暖かい事もあるのだけど。私は、今年もアラジンストーブ+湯たんぽで頑張る。まあ、昼間は、殆どいないしね。
きんたろう |  2015.01.11(日) 04:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1533-d829babd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。