05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ダミジャーナ de ヴィーノ

2014.10.03 (Fri)

モンテプルチャーノの知人から家庭用ワイン(無添加)を買いました

昔からブドウ畑を持っている家庭、毎年ワインを造っても
最近は、飲む人がいなくて余ってしまうという話を聞きます

ということで数年前から時々呼ばれると、
モンテプルチャーノに買いにいっています

瓶詰めなどをしてくれるわけはなく、、ダミジャーナ(damigiana)という
家庭用のタンク(54リットル)で買います、
ダミジャーナは空にしたら返却。


ホース、油取り、コルク栓を押し込む機械は、
マリオ(ラファエラの主人)が持っているので、貸してもらいます

自分で用意するのは・・
1)きれいに洗ったワインのビン
  (損失なく入れると72本出来上がり)
2)コルク栓

ワインが、ダミジャーナに入っている間は、食用のオイルで空気は遮断
そのオイルを取り除くためには、一旦、別のワインをダミジャーナに入れ込み
オイルを上部に浮かせまして、この↓器具でオイルを吸いあげます
(吸い上げても、口には入ってこない仕組み!)
20141003IMGP4405.jpg

オイルが取れたら、ホースを差込、
コツコツと瓶詰め作業・・・

瓶にワインを入れたら、コルク栓をします
20141003IMGP4368.jpg

ちょっとずつ日にちをわけて、ボトル詰めをするのではなく、
一気にダミジャーナは空にします
酸化防止剤無添加ですから、できるだけ酸素に触れないように、
すぐにコルク栓をしてしまう必要あり。

なかなか手間仕事ですが、安心できるワイン、しかも値段が安くつくこと、
ということで、買っています
瓶を使い回しするので、ゴミも出ませんし!

味は、毎日飲んでも飽きの来ないシンプルなワインです  
20:21  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

てつんどさん
エチケッタも作られたとは本格的!きっとおいしいワインでしたでしょうね!

kimieさん
イタリアはワインの国ですもんねー!
おいしいワインが安い値段で手に入るのはほワインの国ですもんね

keikoちゃん
ボトル詰めは本来、月の満ち欠けをみてやるものらしいです。増減どっちで、入れたらいいのか、昔の人に聞いてみないとですが。。
Utako |  2014.10.04(土) 17:55 | URL |  【編集】

Wao!!

Beato te!!
keiko |  2014.10.04(土) 10:22 | URL |  【編集】

すっご~い。
確かに手間仕事ですけど、
リカーショップや、デパートのお中元
解体で安いワインを買う私には、
とても羨ましいです。
歌子さんのブログって本当に
知らない事色々教えてもらえるので
おもしろいですね。
kimie |  2014.10.04(土) 04:30 | URL |  【編集】

すごい!

いいですね、自宅で瓶詰め。
一度、友だちとエミリアロマーナで樽でかってきたワインづめをしたことがあります。
蜜蝋で、シールまでしてました。もちろんエチケッタも作って。

うらやましい光景です。
徳山てつんど |  2014.10.03(金) 22:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1509-46e7c085

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |