10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

コルトーナのワイナリー

2014.09.17 (Wed)

アレッツォから車で1時間弱、コルトーナとモンテプルチャーノの間
の由緒あるワイナリーへいってきました


20140917IMGP4256.jpg

モンテプルチャーノよりも近く(アレッツォからそんなに遠くなく)、
周りにはまるでオルチャ渓谷のような、きれいな景色の広がる
上質のワインを造るワイナリーです

新経営者(ベルギー人女性)になって、昔とは違った、インターナショナル的な
雰囲気をしっかり備えていました
テイスティングとショップは、隣りあわせ、梁天井の感じがとても素敵です
20140917IMGP4238.jpg

日曜日で、残念ながらワイナリー内訪問はできませんでしたが
テイスティングは受け付けています 
とっても感じのよい、しかも綺麗なレティツィアさんが対応してくれました
20140917IMGP4237.jpg

10人までゆっくり座れるテイスティングスペース
20140917IMGP4233.jpg

このワイナリーでは、白ワイン1種類、赤ワイン5種類
ヴィンサント2種類造っています
テイスティングは、2タイプに別れ、その場でオプション1コースか
オプション2コースかを選ぶことができます
お友達と行って、別々のコース注文ももちろん可能、
1と2は、ダブることはありませんので別々に頼むことで全部味見できます

オプション1コースは、ベーシックワイン4種(白1種と赤3種)10ユーロ/1名
オプション2コースは、高級ワイン2種と希少価値のヴィンサント1種の3種 10ユーロ/1名
(といってもヴィンサントは2種味見させてくれるようですので全部で4種)
テイスティングしたワインを購入すると、テイスティング代10ユーロは無料になる仕組みです

オプション1は、1本19ユーロ~35ユーロまでのワインのテイスティング
オプション2は、1本54ユーロ~のテイスティング
おつまみは、チーズを別途注文できます(要予約)地元のペコリーノチーズ2種と
ワイナリーで作ったスキアッチャータで、一皿10ユーロ(写真の量)
201409170001.jpg

オプション2のテイスティングでは、超有名なワイン(1本99ユーロ)のほか
最高級のヴィンサントが出てきます
なんと1999年産ですので15年もの!13年間熟成に時間をかけることで
トロトロの状態。
ヴィンサントは、2種造っており、1つは、白ぶどう(トレッビアーノとマルバシーナ)から
もうひとつは、サンジョベーゼ100%の赤ぶどうだけで造る珍しいヴィンサントです
白のほうは、100mlで50ユーロ(100mlはグラスにほんの少しを一人分として7杯取れる分量だそう・・)
375mlの場合、180ユーロ
赤のほうは、100mlで60ユーロ、375ml210ユーロ
これが感動の味で!これをヴィンサントと言っていいのか?というほど、違うタイプの
絶品のヴィンサントでした
ちなみに、どうして100mlなのかといいますと・・機内に持ち込める分量だからだそう。
20140917IMGP4246.jpg

ワインもすべて、特徴がある、有名なワインばかり!
経営者が変わっても、裏切らないお味で!
いや、どれもこれもすべて、すごくおいしかった、満足!満足!
10ユーロであのぐらいの味のワインをテイスティングできるのは
価値ありです!

皆さん、ヴィンサントの味に感激し、お買い上げされたので
レティツィアさんが大サービス!普段は入れないという、
ヴィンサントを仕込んだばかりの蔵へ案内してくれました

通常、ヴィンサントは、もっと遅く収穫され、3ヶ月ほど干されますが
ここでは、すでに収穫、6ヶ月干すのだそうです
干している間も、毎日毎日コントロール、カビを少しでも発見したら
取り除くのだそうです
これらのぶどうは10年以上日の目を見ないのですから、
すごい大仕事です・・・
20140917IMGP4251.jpg

なにしろ、きれい!
20140917IMGP4250.jpg

20140917IMGP4249.jpg

20140917IMGP4252.jpg 20140917IMGP4253.jpg

平日は、ワイナリーの中の見学も可能です

この後は、車で15分、コルトーナへ向かいました
またお伝えします
10:47  |  コルトーナ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1501-562d9dea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |