10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

8年物天然小麦酵母を使うレッスン

2014.06.20 (Fri)

小麦粉を極める、小麦粉生産者レダのレッスン

レダが造り出す小麦粉製品は素朴な味で、とてもおいしいです
その秘密のひとつは、天然の小麦酵母
レダがこの仕事を始めた8年前、
老舗のパスティッチェリアでパネットーネ用の酵母を分けてもらったところから
彼女の仕事はスタートしています
今でもその生命力が強い酵母は、レダの大事な宝
殺したことは一度もありません
(ちなみに、パネットーネは4日間発酵させる生地として知られています)
酵母はrinfrescare(リフレッシュ)してあげないと、死んでしまいます
使わないときでも、2~3日以内に、必ず手入れが必要
生きものを飼っているのと一緒、酵母の世話は彼女の日常

今現在レダはバカンス中、そんなときはお母さんが代理で酵母の世話をしています

バカンス中にもかかわらず、レッスンのために海から帰ってきてくれました
今回は
ピッツァ
パンツェロッティ
ブルスケッタやクロスティーニ

20140620059.jpg

天然酵母だけを使う発酵は数時間のレッスンでは
食事まで行くのは不可能
よって、生ビール酵母も足しながら、粉を練るところから始めました


今回の材料 
20140620052.jpg

小麦粉を分量どおりはかって、捏ねて、1からやって
出来たものは・・・

チャッチャ フリッタ 
トスカーナのお祭りにはよく登場する揚げパン塩味
熱々ふんわり、ちょーうまい!!
生地は、パンツェロッティ用の生地使用です
20140620063.jpg

パンツェロッティ
一人250g分の粉をそれぞれ担当、
中には、自家製トマトソース+モッツァレッラ、サルシッチャ+モッツァレッラ
の組み合わせが入りました、
オリジナルも作ってみたり!楽しい時間です~
20140620062.jpg

モッツァレッラが溶けて、パン生地がふんわりで
外はサクッ!
20140620068.jpg

サルチッチャとモッツァレッラのブルスケッタ
20140620067.jpg

アンチョビとバターソース ネギ乗せ
レダの製品 ”ストレゲ” という薄めのクラッカー使用 
これは、薄めの生地がぴったり!パンでは重くなりそうです
20140620066.jpg

完熟トマトとバジルのクロスティーニ
レダのオリーブオイル使用
20140620065.jpg

これがレダ考案のブルスケッタ
大きめに切ったナスとズッキーニを炒め、レダのパンに乗せ
仕上げはグラノパダーノチーズを溶かして~
たっぷりめのオイルがサクサク感を出していました
うまかった~~
20140620064.jpg

最後はピッツァ
捏ねて、寝かせて、形成して、ソースを塗って焼く
20140620069.jpg

20140620070.jpg

おいしいのと一緒に
満腹になったレッスンでした
小麦粉は、お菓子にも、パスタにもパンにも変身します
レダの小麦粉レッスン、小麦粉を極めたい方、是非お勧めです
01:05  |  レダの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

お久しぶりです^_^

こんばんは
お久しぶりです。
おいしそすぎて、匂いも画面からただよってこないかなあと願ってしまいます。
関西は連日暑いですよー。
ひよこ |  2014.06.25(水) 16:50 | URL |  【編集】

kimieさん

いつもコメントありがとうございます!よく作ってるって言って頂けるのは、ほんとうれしいです!お教えしたマンマたちも喜びます。パンツェロッティすごくおいしかったです、思い出しただけでもすぐにまた食べたくなる味。次回も楽しみに、お待ちしております~。
Utako |  2014.06.20(金) 14:26 | URL |  【編集】

歌子さんこんにちは。

パンツェロッティ習ってみたいです。
アレッツォで習った料理、よく作りますよ。
又ぜひ行きたいです。
歌子さんにもお会いしたいですし。
kimie |  2014.06.20(金) 10:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1469-8ccac89e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |