12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

アンギアーリの伝統料理レッスン

2014.06.05 (Thu)

今回も最高の料理レッスン+食事となった
レダの伝統料理レッスンの報告です

今回のメニュー
1)アンギアーリの伝統手打ちパスタ ブリンゴリとそのソース
2)オッソブーコ トスカーナ風
3)ズッカリーニ

まずはズッカリーニから始めました
ズッカリーニという焼き菓子は、アンギアーリでの呼び名
カセンティーノ地区では、ベルリンゴッツィといい、以前、こちらで紹介しました
このお菓子は、アンギアーリでは、結婚式や洗礼式などお祝いがあるときに作られます
そして、卵をふんだんに使うので、鶏を飼っている昔からの家庭では
卵がたくさんある春から夏前にかけて、卵を消費する目的で作られるそう
レダの家にも、40羽ほどのおばあちゃんが育てている鶏がいますので
おいしい新鮮卵で作ることができます


各自、1トレイ分のズッカリーニを作り、焼きました
(出来上がったものは各自お土産としてお持ち帰り頂きます~)
20140605006.jpg

出来上がり!すっごくおいしいです!
軽くて、ほんのりした甘みで、卵の味がしっかり!
日本人向きの繊細さがあります
やはり、小麦粉がおいしいとこうなんだーっと思える感動の味
20140605027.jpg

こちらが、オッソブーコ
レッスン当日の朝に、肉屋で調達
子牛のすね肉の輪切りです、みただけでおいしそう!
レダはいつも材料は、ほんとうに上質なものを用意してくれます、感謝!
20140605009.jpg

香味野菜と自家製のトマトソースで40分ほど煮込んで出来上がり
20140605012.jpg

付け合せには、ソラマメのトマト煮
レダのお母さんが数時間かけて煮込んでおいてくれたもの
20140605010.jpg

ほんとおいしかったこの料理
オッソブーコは、野菜の甘みたっぷりで
肉が柔らかく、そして塩加減もばっちり
骨髄もとろ~~っとして、外れることなく、絶品の味!
皆さんに骨髄も、合わせてお召し上がりいただきました
20140605035.jpg

こちらが中でも特に大好評だったブリンゴリとアンギアーリのソース
塩漬けしていないパンチェッタを肉屋で挽いてもらい、香味野菜とトマトソースで
さっと煮込んだもの
このパンチェッタのコクと野菜のうまさがぴったりで。。
みなさんが3皿目を食べたい・・・(でもお腹が・・・)と思ったほど
本当においしい、みんなでうなって食べる味付けでした
20140605008.jpg

20140605036.jpg

おいしいという感動は、忘れない。旅の記憶の中で、
あのときのレダのブリンゴリ、最高だったよね、っと思い出させてくれる、
そんな料理をレダは作ります。
上質の材料と、彼女の腕、
レダが作り出す料理は、とにかくおいしいです。
20:41  |  レダの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

bokuさん

是非、次回!地域に伝わる味があり、家庭に伝わる味がある、レダはしっかりと両方受け継いでいる人。レダこそ、本を書いて欲しいといつも思います。
Utako |  2014.06.18(水) 07:10 | URL |  【編集】

今度はぜひ、行ってみたいです。イタリアの伝統料理はとっても奥が深そうですよね。
boku |  2014.06.17(火) 11:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1465-f21d53cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |