03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

イタリアで大流行中の野菜は?

2014.05.14 (Wed)

最近、巷でもテレビでも、すごく耳にするこの野菜の名前は

トピナンブール(topinambur)」
菊芋(きくいも)
  です
キク科ヒマワリ属の多年草。別名はアメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、
エルサレムアーティチョーク。北アメリカ原産で、世界中に外来種として分布している。
とのこと


先日、アグリのマンマ、ロージーとトピナンブールの話をしていたら
やはり、最近よく食べるそう。、
皮を捨てないで、土に埋めたとのこと、きっと生えてくると思うわ!!!
いわゆる雑草なんだから強いのよ、そこらへんに生えているの見たことない??
黄色い花で・・・と。。
で調べてみたら・・
この花でした、はいはい、よく道で見かけます~!
kikuimio.jpg

ジャガイモよりも強いから、大丈夫、皮だけで生えるはずよ。
とロージーマンマ

どうやら栄養分も豊富らしく、おいしいので、
大きなスーパーでは売り切れが出ているらしいです

どんな味なのかといいますと・・
なんとも不思議
生で食べると、サクサク感と一緒に苦味、甘みがあり、
アーティーチョークのよう
茹でると、甘みが強くなり、サトイモのような感じ??

私の一番のお気に入りは素揚げ!
菊芋チップスです~
これは、なんともごぼうの味によく似ています、
塩をさっと振って食べるとより甘さが増します~
20140514005.jpg

先日ラファエラは、野菜タルトのメイン野菜にしていました

問題はちょっと高いんです
イタリアは野菜は手のだしやすい値段のものが殆どですが
このトピナンブール
500gで2.30€でした、つまり1kgは4.60ユーロで650円ぐらい。
でこぼこだらけで捨てるところが少なくないので
イタリアでいう高級野菜に入ると思います

茹でてブイヨンで伸ばして、クリームにしたり、煮たり、
生でサラダに入れたり、揚げたり、調理の仕方はたっくさん!!

菊芋を育ててみたい!

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

タグ : トピナンブール

09:10  |  アンティパスト  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

yukikoさん

うわ~すごいご無沙汰です!!うれしいです、コメント!とっても!
お元気そうですね!菊芋の日本情報ありがとうございます!お~増えるんですか、あれは。めちゃ強いらしいですね。日本の情報をちょっと調べていたら、そう、強いから農薬要らず、だから無農薬、よって皮も食べられると書いていましたが、こっちでは、みんな皮むいているんですよね。。恐らく外国から入っていると思っているのかも。。私の買ったのは、イタリア産でしたが。。得体の知れないものは海外産と定着したイメージがあるので、皮を剥くのかしら。。今度、そのままで食べてみます、情報ありがとうございました、イタリアでどんな風に食べられているか、またお知らせしますね~~。
Utako |  2014.05.14(水) 18:35 | URL |  【編集】

こんにちは、ご無沙汰してます。
菊芋、こちらでもメジャーになりつつありますよ。イタリアと同時でおもしろいですね。ちょっと牛蒡みたいな風味でおいしいですよね。菊芋は皮をむかずに食べられますよ~。
一個を土に植えておくとものすごく増えます。ほったらかしでOK。あ、でも雑草ではえてるなら育てなくてもいいか...。

思わず菊芋に反応してコメントしてしまいました。失礼しました~。

yukiko |  2014.05.14(水) 15:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1451-b1bfafc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。