05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アレッツォ県 厳選オリーブオイル生産者② バルデッラピエヴェ

2013.12.20 (Fri)

生産者の顔が見える品質の高いオリーブオイルを紹介しています

今回は、前回のピエブッチャ同様、アグリツーリズモを経営する
アンギアーリのヴァルデッラピエベのオリーブオイル

一切有名な生産者ではないですが・・・
おいしいオイルです!!
どうして、ここのオイルを紹介したいかを申しますと・・・

1)珍しいモルコーネ100%(単一品種)のオリーブオイル生産者
2)アンギアーリ搾油所のレダ(フィレンツェ商工会議所認定オリーブオイル鑑定士)
  の指導の下、収穫や搾油を行なった
3)アグリ家族の正直な人柄と正確さ

こんなところから。
既に来年の販促としてオイルを入手、
広めて行きたいと考えています

今年は、トスカーナのオイルは、バランスの取れた控えめなオイルの出来となりましたが
ここの、モルコーネは違いました!
田舎料理とばっちり合うオイルという私の強い印象です

これが見た目
アグリのアンドレアの方針で、フィルターを通していません
その代わり、オイルができてからは、自然に澱を沈殿させるため
3度の樽替えをしました
フレッシュさが生きています!
12月15日に3度目の折沈殿を終え、缶詰してもらいました。


20140108014.jpg

100%モルコーネ品種オイルの特徴
トスカーナでは、グロッセート(ボルゲリ地区)でモルコーネは有名です
が、標高差が違いますので、アンギアーリの400m級の高いゾーンで
できるモルコーネは、特徴が強くでます

モルコーネは、トスカーナのオイルの中では、唯一
トマトを感じることができる品種

いわゆるトスカーナの品種モライオーロ、フラントイオ、レッチーノ
と似ているのに違うのは・・・
青臭いという点では同じでも、違う青臭さ、トマトの茎や枝の緑色の部分
のまさしくあの匂いです
新鮮な草の匂いとはちょっと違っています

生産者のアンドレアのアドバイス
今年は、とりわけトマト感が強く、辛味や苦味は軽く感じる
トマトを使った料理とよく合うと思う
トマトソースのパスタ、パッパアルポモドーロ、
フレッシュトマトのブルスケッタ、カプレーゼなんかいいんじゃないかな
ともかく、どんな料理にも合わせることができるよ。

★生産者情報★
名称:エキストラバージンオリーブオイル 
       ヴァルデッラピエヴェ農業会社  
収穫年: 2013/2014
生産地:アンギアーリの丘
オリーブ種類:モルコーネ100%
オリーブの木の数:350本
標高:414m
位置:段々畑 西~北西
木1本あたりの生産量:9~10kg(平均)
収穫:手摘み 2013年11月13日~11月14日まで
※2日間のみで行なわれました
搾り:遠心分離法、コールドプレス

BIOの認定証はついていませんが、正真正銘のビオオイル
アンギアーリは標高が高いため、
ハエが発生しませんので薬剤を使う必要がないのです
朝夕の寒暖の差が激しいことで、
とてもおいしいオリーブができる土地柄

シチリアにはトマトを感じるオイルはよくありますが
トスカーナでトマトを感じるオイルは唯一
モルコーネだけです!!

抽出率が低い希少価値のあるモルコーネオイル、
50リットルステンレス缶で2本のみ今年は確保できたそうです





16:24  |  オリーブオイル生産者  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

はまくみさん

はい!もちろん出してくれます!クリスマス料理は、伝統料理がバンバン登場するでしょうから、それにはおいしい自家製のオリーブオイルは欠かせないですからねー!
Utako |  2013.12.23(月) 08:12 | URL |  【編集】

けいこちゃん

お忙しいところ、コメントありがとうございます。11月、搾油したばかりでよりフレッシュでしたね!喜んでもらえて私もうれしいです!
Utako |  2013.12.23(月) 08:07 | URL |  【編集】

食べたい

そのオリーブオイルを使ったお料理、いただくことが近々できるのでしょうか。
月曜日からが楽しみでなりません!
はまくみ |  2013.12.21(土) 22:50 | URL |  【編集】

とても

おいしかったですよ。

11月のお料理教室とデイナーの時にたっぷり出してくれて!!
けいこちゃん |  2013.12.21(土) 13:05 | URL |  【編集】

11月に

泊まったときにデイナーで出してもらって美味しかったのを思い出しますよ。

料理教室でもたっぷり出してもらって!!
けいこちゃん |  2013.12.21(土) 12:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1400-778cf495

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |