10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

Cavolo nero con pane bagnato

2005.10.06 (Thu)

カーボロネーロ コン パーネバンニャート
(黒キャベツとパン)

cavolo nero


これがカーボロネーロというトスカーナ特有の冬野菜です
南イタリアの方ではみられません。

よく洗ったらよーく茹でます
(重曹を入れても入れなくてもどちらでもOK)

①多めのオリーブオイルをフライパンで熱し、そこに2欠けのにんにくとペペロンチーノ小粒1個を切らずにいれます。
弱火でにんにくの香りを出し、適当に刻んだカーボロネーロを
加え、適量の塩を加え、しんなりしたら具はできあがり!

②トスカーナパン(塩なし)を約1.5cm位の厚さにスライスし
炭火でカリッっと両面を焼きます
焼きあがったところで、生のにんにくをパンの両面にすり込みます
カーボロネーロの茹で汁にさっとパンをくぐらせて、お皿に並べ
たっぷりのエキストラバージンオリーブオイルをかけておきます。
その上に①の具をのせて召し上がれ!

家庭によって、微妙にやり方が違います。
パンを茹で汁で浸さず、カリカリのパンにのせ、少しの湿り気を楽しむ

タイトルの「pane bagnato」というのは湿ったパンという意味。

冷めてもおいしいトスカーナ冬のアンティパスト定番です


テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

07:17  |  アンティパスト  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

クロキャベツ

リボッリータに入ってます!
おいしい!私も大好きです。

そうなんですよね。あの形、皆さんびっくりされます。
で、自家栽培の場合、上だけをカット(やわらかいとこだけ)そうするとまた生えてくるんですよー。
霜が降りるごとにクロキャベツは甘みを増すようです。ゴッボも。
utako |  2006.12.21(木) 20:09 | URL |  【編集】

なんでもなさそうな

お野菜が本当に美味しいのよね。
私、あの、えーとリッボリータ大好きよ。あれにも黒キャベツが入っているでしょう?
フィレンツエで習った時、黒キャベツ、、、という名から想像すると形が全然違って驚いた。
葉っぱが長いのね。白菜を広げたみたい。日本でも作っているところがあるようだけれど、ほとんどレストランで買い取られているらしい!!
鎌倉の市場で一度生徒さんが買ってきてくれたの。
けいこちゃん |  2006.12.20(水) 07:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/14-05291121

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |