05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

オリーブオイルをおいしく長く保つ方法

2013.12.09 (Mon)

20091103P1060912.jpg

上質なトスカーナのオリーブオイルは、
品質がよく、お値段も安くはないです

収穫から搾油、容器詰めまで信用の置ける生産者さんのもとで
行なわれたオイル
最後まで欠陥なくお使いいただくためには
ご自宅でも、気をつけて頂くことがあります

①最適温度
年間を通して、12~20度
(書いているものによって違いますので、大体の範囲)
急激な温度変化は、品質を変化させます
純粋なオリーブオイルは約+4℃で凍ります、
凍るのは、オイルに含まれる極微量の水と
ポリフェノールが結合したものが、
重くなって下方へ沈みます。いったん凍ったものは、
溶けても元通りのオイルの状態には戻りません。
寒い納屋の床に置くのは厳禁、
台所の温度が上がりやすい場所にも、注意です
(ガスコンロの上の棚、シンク下の熱湯が通過する水道管側など・・は注意)

②光
遮光で酸化防止 
遮光性のある容器で光を遮断します
中身の見える透明の瓶よりも緑や茶色の瓶が好ましく、
瓶の外側を、アルミホイルなどでくるみ、
完全に光を遮断することをお勧めします、
暗い場所にて、保存してください。

③酸化防止
キャップは、よく閉める
使用頻度を考えた適量の容器に移し、
ふたをよく閉めて空気の流入をなるべく防ぐ。

④容器洗浄

容器は、お湯とソーダで洗うのが好ましいといわれますが、
ソーダが手に入らない場合は
熱いお湯でよくすすぎます
入れ替えて使う容器ご使用の場合、製造過程で、
フィルターでどのぐらい越したかによりますが、
通常、容器底には澱が沈みます、
その澱を取り除かないと、良品オイルが欠陥オイルに変化します。
食器用洗剤を使う場合は、匂いの無いものがよいです


容器は、台所用、卓上用とも
ステンレス製がより好ましいといわれます

タグ : オリーブオイル 保存方法

08:43  |  オリーブオイル保存  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1398-43f942b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |