07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

デコパージュ レッスン

2013.05.07 (Tue)

デコパージュ(découpage)とは、
題材に、装飾された紙を張って、コーティング剤をかけて仕上げる手工芸です
塗料や、のりは全て水性を使いますので、水洗いはできませんが
作業中の嫌な臭いはありません


デコパージュは、装飾を目的としたを手工芸、
語源はフランス語のdécouper、カットするから来ています
イタリア語では、ritagliare 切り抜くの意味

ヨーロッパでの歴史は大変古く、中世時代

17世紀には、家具や小物類に簡単に装飾を施せることから
フランスやイギリスで、長期間、大流行

イタリアでは、18世紀 
イタリア・ヴェニスの家具職人が、
1700年代当時の流行のシーン、写真や雑誌を切り抜いて、
家具に貼り付けたことが確認されています


ガラス皿を使ったデコパージュ作品(ラファエラ作)
20130507070.jpg

この2枚の皿、手前は赤い花輪を、模様紙からきれいに切り抜き
皿の裏面から、無地の和紙を被せています
一方、後ろの皿は、アジサイの模様入りの和紙を貼り付けただけ
しわにならないように、しっかりのり付けします

何が一番、楽しいかって!
やはり、出来上がりを想像しながら、
構図を作っていくことだと思います!



絵柄の紙は、ラファエラ、とにかく沢山持っていますので
選び放題、迷ってしまいます・・

紙は大きく分けて3種類ご用意しています
薄めのプリント紙、ペーパーナプキン、和紙
他に、雑誌やイタリア語の新聞、なんでも使えます

こちらは、はさみいらずで
ちぎって使うペーパーナプキン柄
最近は、ラファエラ、ポーランドへ行くたびに
仕入れてきていますので、イタリアで見かけないような
かわいい柄もたくさんありました!
20130507067.jpg

20130507068.jpg

小さいものですと、ドライヤーで乾かしながらやると
3時間でひとつ完成します

完成が見える、しかも、楽しく、美しく、
作品がイタリア旅行の思い出になる
そんな旅も、おもしろいかも!

デコパージュ情報は、またお知らせします!

15:41  |  ラファエラデコパージュ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1288-e9da5472

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。