09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ジジのワイン

2013.03.16 (Sat)

イタリアの食卓に欠かせないワイン
日本の晩酌感覚で、イタリア人、
普段はどんなワインを飲んでいるのでしょうか?

各家庭の懐具合にも寄るかとおもいますが・・

私が通う、
量り売りワイン商「ジジの店」
は不況中でも繁盛しています
いや、不況だから繁盛??

どのように買うのかといいますと・・・

瓶はきれいに洗って水気を取ってひっくり返してお店へ行く
(私は、コルクも使いまわすので、コルクも持参)
このワイン用の手提げ袋は、ジジから買った


ジジ登場!
名前はルイジですが、愛称「ジジ」
味にうるさいコダワリおやじ!!
(7~8年前から知っています)
20130316003.jpg

仕入れ次第で、あるものが一定しないので、まず
、今日は何があるのかを聞いて。。
「カステッリーナ?」
(カステッリーナは有機栽培葡萄のワインなので
いつも私が好んで買うのを知っているので・・)
「それ5本!他は白1本」
「シャルドネ?」
「シャルドネ」
という感じ。

で、瓶詰めしてくれます

ポンプの先は、これ
ダミジャーノ
1個が50リットルです
ジジは、自分好みの生産者から
ダミジャーノ単位で買い付けしています
20130316004.jpg

トスカーナの白ワイン
シャルドネ、アルコール度13%
表示値段は1ℓの値段です
20130316005.jpg

こちらはボルゲリの赤、テーブルワイン
ボルゲリといえば、
スーパータスカンの生まれる地
20130316006.jpg

アレッツォのシラー
目方売りで13.5%とは、すごいアルコール度!
コルトーナのシラーもやはり有名!
20130316007.jpg

モンタルチーノとか、モンテプルチャーノとか
行く度に、入れ替わります。

量り売りのワイン屋はたくさんあります

こだわりに欠けた部分があって。。
値段は安いが、ん~それなり。。
の店がたくさん。

ジジのこの店は、この味でこの値段はOK-!
という感じ(だから結構お客さん入っています)

わかりやすく言うと、
スーパーで、瓶に入った5€以下のワインを買うよりは
ジジのところで買ったほうがいい!
という感覚です

瓶代+コルク代+ラベル代が入っていない中身だけの値段ですので。

なにより
瓶を使いまわす感覚は、ゴミも出なくて、
瓶をバンバン捨てる罪悪感がなくて、うれしくなります

20130316009.jpg

こんな感じで家に持ち帰りました

6本買って、12.60€
今日のレートで、1本大体262円です

**************

ジジの店

IL VINAIOLO
VIA ISONZO 25 ,52100, AREZZO
月曜午前と日曜日お休み


**************
06:27  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1262-3ba395b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |