01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

鶏肉のイタリア相場

2013.02.22 (Fri)

イタリアに住んでいると幸せなことに、
放し飼いにされた本当の鶏肉を食べる機会がしばしばあります

私の住む町はアレッツォ
人口10万ちょっとのアレッツォは、街の中に住宅が
たくさんありますので、鶏を飼っている人はいませんが
数km郊外へ行くと、
卵用に飼っている人を含め、自家用の鶏を飼っている光景
に出会います


庭に放された鶏は、土の中の虫を食べたり、雑草、
とうもろこし(穀類)を食べて、運動しながら自由に成長

で、知り合い(飼っている人)から買いました
なんと美しい!
300年農家で食べていた、肉が締まった鶏の姿です
(冷凍してありますので、特にガチガチです・・)


キリッと締まったモモ!
201302022002.jpg

さて。。
今回購入したこの鶏は、2.5kg

地鶏は、9€/kg が大体相場ですので、これで、23€(大体2800円)
無理のない自然な成長で、ここまで大きくするまでは
なんと、6ヶ月かかっています

さて、スーパーの鶏肉
ちょうど広告がありましたので

とりモモ2.56€/kg
201302022003.jpg

モモの上の部分(胸の辺り)
レジにて値引き!3.78/kg
201302022004.jpg


という感じです・・・
この手のスーパーの鶏肉は、40日にて出荷になります


6ヶ月かかる鶏肉、40日で出荷になる鶏肉。。。。
値段の違い、品質の違い、味の違い。。。

上記の広告の鶏肉は、分解されてこの値段

分解されない一羽の鶏は、
スーパーで、値引き無しの場合、4€/kgです
そこには決まった表示が・・
SENZA OGM
いわゆる、遺伝子組み換えしていませんという表示
まー短期間で太らせるのは、では、問題はないのか??
とも思いますが・・・

うるさいことは言いません
普段はもちろんスーパーの肉を食べています
1羽のままで買うと、日持ちもするし、値段も手ごろ
分解して冷凍して。

贅沢品としてではない、
誰もが、日常の食事として、
筋肉の締まった6ヶ月成長の鶏をたべることが
当たり前になる日は来るのでしょうか・・・
そういう食事が普通だったころ、そのころがよかったのかも
知れないと思う日々です
21:07  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

けいこちゃん

はい、自分の家で食べるときはスーパーの肉でも、お招きするときは、やはりお肉屋と決めています、味全然違います。
なるほど!1600円/ kgですか。。う~ん結構な値段ですね、、余談ですが、キアナ牛は、最近、1キロ、20€以上になりました、2~3年前は17ぐらいでしたが。。
Utako |  2013.02.24(日) 09:12 | URL |  【編集】

値段は

スーパーと鳥専門店では味に違いがやはりありますよね。

クリスマス時期は一羽でよく売られていて、100グラム160円とかですね。
ですから2キロだと3200円ぐらいになる計算ね!!

けいこちゃん |  2013.02.24(日) 03:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1246-dac33f7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |